« 【写真ツアー】2010中国(如皋)軟件和服務外包峰会 | Main | オフショア保守のチームビルディング »

オフショア保守を阻害する4つの理由

最近の私の研究テーマは、オフショア保守の中国定着です。中国でのオフショア保守を阻害する要因は主に4つあります。

1)保守には将来性がないと感じている
2)保守そのものがつまらないと感じている
3)保守は開発より難しい
4)対日オフショアがそもそもつまらないと感じている

初めの3つはオフショア保守特有の阻害要因であり、最後の4)はソフトウェア工場モデルを採用する対日オフショア業務に共通する阻害要因です。

一口に「オフショア保守」といっても業務内容は様々です。パッケージ製品の改修やバージョンアップ対応、企業内情報システムの維持管理・ヘルプデスク機能、BPOを伴なう企業変革アウトソーシングの後方支援など。

このように中国オフショア保守の種類は複数あれど、次の点だけは共通します。

中国で「日本と同じような改善活動」は再現不可能

■ 問いかけ

<問1>先述した中国オフショア保守の阻害要因1)2)4)が正しいと仮定します。中国人気質と中国IT人材市場の最新動向(※)を踏まえて、有効な対策を考えなさい。

1)保守には将来性がないと感じている
2)保守そのものがつまらないと感じている
4)対日オフショアがそもそもつまらないと感じている

※米系Offshoring企業や中国ローカル企業にも豊富な転職先あり。大都市だけではなく田舎の地方都市にも転職先あり、など。

<問2>先述した中国オフショア保守の阻害要因3)が正しいかどうかを検証しなさい。もし阻害要因3)が正しければ、、中国オフショア拠点と日本企業の人口ピラミッドや経験年数の違いを踏まえて、有効な対策を考えなさい。(一般論ではなく、オフショア保守の対象業務を限定して考えること)

3)保守は開発より難しい

|

« 【写真ツアー】2010中国(如皋)軟件和服務外包峰会 | Main | オフショア保守のチームビルディング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 【写真ツアー】2010中国(如皋)軟件和服務外包峰会 | Main | オフショア保守のチームビルディング »