« 本来、日本側が要求する目標とは | Main | 我が社は成果主義です、という嘘 »

隣席で鳴り続ける内線電話にでない

平均的な中国企業では、隣の席に掛かってきた内線電話に他人がでる習慣はありません。残業好きな日本人が夕方6時半過ぎに中国現地法人へ電話すると、受話器の向こうから虚しい呼び出し音だけが響きます。急用なら、直接担当者の携帯電話に連絡することもしばしば。

このような「不親切」さは中国固有の現象ではありません。実際、米国企業だと、たとえ善意であっても他人の電話に出ることは越権行為だとみなされる恐れがあります。

■ 問いかけ ■

ここで、話を中国の日系企業に限定します。

<問1>
中国の日系オフショア現地法人では、親会社の商慣習にあわせて、他人に掛かってきた内線電話を取るべきでしょうか。それとも、郷に入っては郷に従えの精神で、あくまでも中国式の商慣習を優先すべきでしょうか。

<問2>
あなたは、中国の日系オフショア現地法人へ1ヶ月間の予定で出張することが決まりました。あなたの役割は技術指導です。あなたは、中国現地法人トップの意向により、現場改善の一環として、電話応対を含む中国人従業員間の情報共有を促進する役割も担うことになりました。さて、あなたは、どのようにして、内線電話への対応方法を指導しますか。

*オフショア勉強会ではチームビルディングの観点から議論します。8月20日(金)東京でお会いしましょう。

<問3>親会社に勤続30年の日本人男性部長(53歳)はこう言います。「部内の内線電話すら共有できないチームでは、到底よい仕事が出来るはずがない。中国オフショア子会社の品質と生産性を高めるためには、社内電話を互いにとりあうチームワークが必要だ」。

あなたは、この意見に同意しますか? 同意しませんか?

同意する
同意しない
その他
結果を見る
コメントボード

締切:2010年08月06日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

|

« 本来、日本側が要求する目標とは | Main | 我が社は成果主義です、という嘘 »

Comments

私は「同意する」をクリックした後に、このアンケートのタイトル「高品質・高生産性のオフショア開発は無理?」を見ました。
「無理」と断言しませんが、同じ会社で仕事をしていますから、普段から他人の作業は関係ないと思っているチームでは、
トラブル発生時で責任転換するでしょう。「他人の電話だから取らない」という小さい考えがチームワークの障害です。

Posted by: 森@青島 | July 29, 2010 at 07:05 PM

森@青島さん、いつもご意見ありがとうございます。
クリック後に表示されるアンケートタイトルの「無理?」は、タイトル文字数には文字数制限があるため、インパクトを持たせるために何となく付けました。本アンケートの意味は、ブログにあるとおりです。失礼しました。

Posted by: 幸地司 | July 29, 2010 at 07:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 本来、日本側が要求する目標とは | Main | 我が社は成果主義です、という嘘 »