« 手持ち無沙汰の日本人出張者は定時前に帰宅してよいか | Main | アンケートの形式を借りた事前課題 »

品質の話題は人格攻撃

●今週開催されるオフショア大學の夏期講座より。

<問1>海外アウトソーシングがコスト削減をもたらす要因を挙げなさい。
<答1>(1)標準化による過剰品質の抑制 (2)人件費のさや取り

<問2>オフショア開発基本指針(ガイドライン)を作成する際に留意すべきことを挙げなさい。
※答2はこの後すぐ。

私が中国オフショア現場で「品質意識」に言及する際には、細心の注意を払います。なぜなら、中国人だけではなく日本人への人格攻撃と受け取られる可能性があるからです。

オフショア現場で「過剰品質」という言葉が飛び交うと、昭和の高度経済成長期に育った一部の日本人技術者の職人魂が傷つけられます。どうやら私たちが何気なく発した「過剰品質」という中立的な指摘によって、長年培った職業人生が否定される感覚に陥るらしいのです。

・中国人は品質意識が低い → 文化批判/人格批判となる恐れあり
・日本人は過剰品質 → 誇り高き職人の顔に泥を塗る恐れあり


※問2の答え。
<答2>(1)作成方法に模範解答はない (2)記述粒度を統一する (3)独自性や奇抜さは要らない

|

« 手持ち無沙汰の日本人出張者は定時前に帰宅してよいか | Main | アンケートの形式を借りた事前課題 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 手持ち無沙汰の日本人出張者は定時前に帰宅してよいか | Main | アンケートの形式を借りた事前課題 »