« 中国語の内部議論が白熱したら話題が本筋からそれた | Main | 釜山オフショア開発セミナー(釜山ユビキタス都市協会主催) »

文系出身通訳の誤訳リスク

オフショア大學受講生による事例発表より

中国W社に委託したオフショア開発プロジェクトでの打ち合わせ時、日本から「処理中に[XXXXX]ファイルに結果を出力するか?」と質問しました。

ところが、文系出身の通訳が「[XXXXX]ファイルを書きますか」と誤訳しました。そのため、本来ならYes/No二者択一の単純な会話で済むはずが、5分ほど議論するハメになりました。

本来なら「那个程序是不是要写[XXXXX]文件」と訳すべきですが、後の祭りです。

オフショア大學受講生による原因分析より

オフショア大學受講生は、日本語学科出身通訳のIT知識不足と単純な誤訳が直接原因だと分析しました。さらに、たとえIT知識が豊富な通訳であっても、個別業務を事前に予習しておかないと、どうしても誤訳が増えてしまうと注意点を付け加えました。

■ 問いかけ ■

オフショア大學受講生は、以下の解決策を提示しました。

(a)打ち合わせ前の資料確認を通訳にも義務づける
(b)会議主催者から通訳に対して会議内容を事前説明させる
(c)議事録を残して事後チェックを強化する
(d)誤訳が判明したら、その場で随時訂正させる

ここで問いかけです。

<問1>
上記事例で問題を引き起こした「根本原因」を予測しなさい。

<問2>
問1の「根本原因」を踏まえて、有効な再発防止策を検討しなさい。

<問3>
中国語を全く理解できない日本人が「文系出身通訳の誤訳」リスクを最小限に抑えるためには、どのような点に注意すべきでしょうか。

|

« 中国語の内部議論が白熱したら話題が本筋からそれた | Main | 釜山オフショア開発セミナー(釜山ユビキタス都市協会主催) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 中国語の内部議論が白熱したら話題が本筋からそれた | Main | 釜山オフショア開発セミナー(釜山ユビキタス都市協会主催) »