« 従業員満足度アンケートでありがちな不適切な設問 | Main | 本当にあったら怖い「調子はどう?」「関係ありません」 »

動作の意図の実現にまでは関心を示さない中国語の動詞

「借了半天,没借到」

この中国語を下手な日本語として直訳すると、以下の通りです。

「ずっと借りましたが、借りられませんでした」

中国語の動作動詞はその動作・行為そのものを表し、動作の結果までは示しません。つまり、動作の意図の実現にまでは関心を示さないという傾向が強いと言えます・・・

(相原茂著『はじめての中国語の文法書』より)

オフショア大學でもお世話になる中国語学者の相原茂先生によると、中国語の「借」は、モノを借りよとする動作そのものを表現するだけであり、実際に借りられたかどうかの結果は問いません。

なるほど。それで「了解しました」や「テストしました」の意味が、日本と中国とで異なるのだと理解しました。

中「了解しました」
日「では、いつ頃、作業は完了しますか?」
中「まだ、作業に着手するかどうかは分かりません」
日「・・・? たった今、了解したと、言いましたよね?」

中「テストしました」
日「早かったですね。早速モジュールを送付してください」
中「はい、1週間後でよろしいでしょうか?」
日「・・・?」

|

« 従業員満足度アンケートでありがちな不適切な設問 | Main | 本当にあったら怖い「調子はどう?」「関係ありません」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 従業員満足度アンケートでありがちな不適切な設問 | Main | 本当にあったら怖い「調子はどう?」「関係ありません」 »