« 日本人の生産性は低いと嘆く中国人SEとの議論の仕方 | Main | 名前を中国語発音で呼ぶべきか、日本語発音で呼ぶべきか »

二者択一の質問に延々と説明する

近年、TV会議システムを使った進捗報告会議がオフショア開発プロジェクトでも定着しました。TV会議の良さは、何といっても相手の顔が見えることです。

ところが実際には、互いの顔がほとんど見えないTV会議も珍しくありません。その主な理由は以下の通りです。

・参加人数が多すぎて、TVカメラに全員が映らない
・カメラ設置場所の制約から、参加者の横顔を映すだけで精一杯
・「アップ映像は恥ずかしい」との理由で、カメラから遠ざかる
・手元の資料に気を取られて、相手の顔が見ようとしない

中国オフショア開発の会議では、日本から「Yes/No」で答えられる単純な二者択一の質問に対して中国からとんちんかんな回答が寄せられることがあります。些細な問題かもしれませんが、このような意思疎通の齟齬が重なると、次第にオフショア発注オーバーヘッドの負担感が増してきます。

最も単純、かつ、費用対効果に優れた対策は、TV会議のカメラに映った相手方の顔色を注意深くうかがうことです。

オフショア開発の専門家が「顔色をうかがう」「空気を読む」などと助言すると、あなたは違和感を覚えるかもしれません。ならば、TV会議の発言マナーに関する基本指針を明文化しておくだけでもよいでしょう。

例えば、「TV会議で発言する際には、手元の資料やプロジェクタ投影映像ではなく、相手の顔を見ながら相手に語りかけること」などの基本指針を定義して、自己検査用のチェックシートを準備するなどが効果的な対策です。

■ 問いかけ ■

<問1>中国オフショア開発の各種会議において、日本側の二者択一の質問にうまく回答できない中国人が大勢います。主な理由を全て書き出しなさい。
→回答例:相手の要望に先回りして応えようとする過剰なサービス精神が災いして、二者択一質問への回答が複雑化する、など。


<問2>相手の顔が見えない電話会議とTV会議の違いを分析しなさい。

<問3>日本との電話会議において、二者択一の質問にうまく回答できず、延々と説明を繰り返す中国人に助言しなさい。

|

« 日本人の生産性は低いと嘆く中国人SEとの議論の仕方 | Main | 名前を中国語発音で呼ぶべきか、日本語発音で呼ぶべきか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本人の生産性は低いと嘆く中国人SEとの議論の仕方 | Main | 名前を中国語発音で呼ぶべきか、日本語発音で呼ぶべきか »