« 「お土産」力はコンピテンシーか? | Main | 国際婦人節 »

「自立」ではなく「自律」と指導することに意味があるか

日本語が流暢な中国人スタッフ(ブリッジSE)と打ち合わが盛り上がると、つい油断して相手の理解度を確認せず話を次に進めてしまいます。

当社オフショア開発実践セミナーでも解説する「問題ありません」や「了解しました」は、日中同形異義語といっていいほど誤解を招きやすい表現です。

ここで、事例を1つ紹介します。

先日のTV会議で、日本から中国オフショア委託先に対して「じりつてき」に改善活動するよう要望がありました。中国人リーダーは元気よく「了解しました」と即答しました。その場に居合わせた私は、すぐに危ない気配を察知しました。

TV会議終了後、私は中国人リーダーに「じりつてき」な改善の意味を再確認したところ、彼は「自立的な改善」とホワイトボードに書きました。

些細なことですが、この文脈では「自立」ではなく「自律」です。今回の認識のズレが直ちに致命的な問題を引き起こすとは思えません。しかしながら、日本語が流暢なリーダーだからこそ、言葉を雑に扱う傾向があるのは事実です。

その典型は、何でも「はいはい」と軽く返事する態度です。

a)「中国でも、じりつてきに改善してください」→「はい」
b)「品質管理を強化してください」→「はい」
c)「次回のために新技術を自主的に学習しておいて」→「はい」

このような軽い返事「はい」に出くわしたら、相手が悪いのではなく、自らの伝達方法が甘かったという前提で、手間を惜しまず再確認することをお勧めします。

a) 「じりつ」が怪しい
b) 「管理」が怪しい
d) 「自主的」が怪しい

参考:オフショア大學メルマガ 2012/01/23(1,300号)数年先を見据えて自主的に先輩が後輩を指導すべきだ!?

■ 問いかけ

<問1>中国オフショア委託先で改善活動を指示する際、「自立」と「自律」の違いは結果に大きな違いをもたらすと思いますか。
(Y/N)

<問2>中国人スタッフに「自律的」な改善活動の定義を再確認させたところ、今度は逆に「自発的」と「自主的」と「主体的」の違いについて質問されました。
一般的な中国人SEリーダー(※)に対して、「自発的」と「自主的」と「主体的」の違いを分かりやすく説明しなさい。

<問3>一般的な中国人SEリーダー(※)に「プロジェクト管理を強化せよ」と依頼したら、彼は何から着手するでしょうか。

※「一般的な中国人SEリーダー」とは、過去に日本で短期滞在した経験はあるものの、基本的には中国企業でソフトウェア開発経験を積んだ28歳~34歳、日本語能力N3~N2のチームリーダーとする。

|

« 「お土産」力はコンピテンシーか? | Main | 国際婦人節 »

Comments

歳的にはもう経験豊富というべきで、日本語能力はN1をずっと昔(十何年前)にパスしましたが、違いは上手く理解できていません。
自分を「一般的な中国人リーダー」と想定してコメントします。
<問1>
特に違いはないと思います。「自力で改善しなさい」と理解しますので。アクション・プラン等を作って日本側とチェックし、確認しながら進めるのが安全ですが、「自立(自律)」なら「方法は問わず、結果がすべて」になるのでは?ケースによりますが「自立」の方が難しいかと。。。
<問2>
「自発」相手に言われる前に〇〇
「自主的」相手の指図を受けずに〇〇
「主体的」自力ではあるが相手の提案・指示を受けながら。
<問3>
具体的に言及されない限り次のアクションは無しです。

Posted by: 朴勇進 | February 22, 2012 at 06:28 PM

朴勇進さん、ご無沙汰です!

問3への回答「具体的に言及されない限り次のアクションは無しです。」・・・、思わず笑ってしまいました。

日本語の「管理」と中国語の「管理」は意味が異なります。

さらに、片仮名の「マネジメント」と英語の「management」も意味が異なります。使う人や文脈によっても意味が異なります。

異文化間ビジネスにおける指示の与え方、並びに、指示の受け方は、どちらもより一層の工夫が必要ですね。

Posted by: 幸地司 | March 06, 2012 at 04:41 PM

1.いいえ
2.
自発:自分が先に改善する。
自主:自分が改善プロセスを主導している
主体:相手の立場に立って、自分の問題点を自主的に改善する。
3.リーダによります。

Posted by: jokouyou | July 08, 2012 at 12:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「お土産」力はコンピテンシーか? | Main | 国際婦人節 »