« 「自立」ではなく「自律」と指導することに意味があるか | Main | 大連タクシー事情 »

国際婦人節

毎年3月8日、中国では「国際婦人節」と呼ばれる非公式的な記念日を祝います。日本語では「国際女性デー」「国際女性の日」、英語では「International Women's Day」と呼ばれます。

多くの中国ソフトウェア企業では、あくまでも非公式的ながら国際婦人節を「祝日」と同様に扱います。ただし、祝日を謳歌できるのは女性従業員のみ。

・午前出社、午後からお休み(半ドン)
・女性従業員のみ

■ 問いかけ

実際に中国オフショア開発プロジェクトに携わる人に質問します。

<問1>あなたは、3月8日「国際婦人節」に中国オフショア委託先の女性従業員が午後休(半ドン)を取る習慣があることを知っていますか?(Y/N)

<問2>あなたの組織では、「国際婦人節」に関する報連相がありましたか?(Y/N)

<問3>あなたの組織では「国際婦人節」に関するリスク対策がなされていますか?(Y/N)

<問4>日本側の業務都合により、あなたは3月8日「国際婦人節」にも女性従業員を含む中国メンバー全員を残業対応させたいと考えています。春節期間中(旧正月)に残業させる難易度を10とするとき、国際婦人節の残業の難易度はどれくらいでしょうか?

 →回答例
 ・春節残業の難易度 10
 ・国慶節残業の難易度 ??
 ・5月連休残業の難易度 ??
 ・国際婦人節 ??
 ・本人誕生日 ??
 ・配偶者誕生日 ??
 ・子供の運動会 ??

|

« 「自立」ではなく「自律」と指導することに意味があるか | Main | 大連タクシー事情 »

Comments

ブログ管理人です。

ある情報筋によると、毎年3月8日、中国の「国際婦人節」は、法律で定められた立派な休日だとのこと(出典:全国年節及記念日放假弁法)

よって、国際婦人節を「非公式な記念日」とする見解は誤りである可能性が出てきました。現在、調査中です。

Posted by: 幸地司 | March 06, 2012 at 10:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「自立」ではなく「自律」と指導することに意味があるか | Main | 大連タクシー事情 »