« April 2012 | Main | June 2012 »

弱点克服ばかりで強みに意識が向かない

オフショア大學では、中国オフショア委託先で現場の中国人スタッフを実践的に指導するカリキュラムを提供します。

中国人による中国式ソフトウェア開発業務に、日本式の優れた観点を追加融合させるのが主な指導方針です。ときどき、中国文化には不適合だと感じながらも、日本式の面倒なマイクロマネジメント方式を現場に導入します。

なぜならば、他でもなく「中国人幹部」から、中国側の弱みを補強するよう強く要望されるからです。

・提案力が弱いので指導強化してください。
・チーム全体の品質意識を向上させたい。
・根本原因分析が弱いので、論理思考力をつけさせてください。
・新人が多いのでリーダーが忙しい。ボトルネックを解消したい。

事ほど左様に弱点の克服に余念がない一方で、自分たちの強みを生かした発展の発想は中国人幹部からはなかなかあがって来ません。オフショア大學の指導を受ける張本人も同様です。

私「あなたの課題は何ですか?」
中「すらすらとよく喋る」

私「では、あなたの強みは何ですか?」
中「えっ」

私「あなたの強みを生かして、会社や顧客にどう貢献しますか?」
中「・・・・・・」

■ 問いかけ

<問1>弱点克服ばかりに意識集中する傾向は中国オフショア現場でよくある特徴ですか? それとも日本も同様ですか?

<問2>中国オフショア現場が弱点克服ばかりに意識集中する理由を分析しなさい。

<問3>問2の分析結果は、日本が弱点克服する理由と同じですか。違いますか?

※今日の問いかけについて、本誌発行人の主観的意見はありますが、客観的な答えはありません。6月オフショア開発実践セミナーで、事例を交えながら一緒に検討したいと思います。

| | Comments (1)

頭の体操系クイズ正解率から考察

日本向けオフショア開発で活躍する複数の中国人スタッフ(N=25)に、以下のクイズを出題しました。ゲーム理論などの意思決定系教科書でよく見かける頭の体操です。

<頭の体操系クイズ(※)>

食いしん坊で負けず嫌いの幼い兄弟二人が1つのケーキを一緒に食べます。均等に切り分けて食べるにはどうすればいいか? 彼らの手元には、計量器などの便利道具はないと仮定します。

※ゲーム理論の観点から解答します。

■ 問いかけ

<問1>中国人スタッフの正解率を予想しなさい。

<問2>平均的な日本人SEの正解率を予想しなさい。

<問3>中国オフショア委託先のSEの情報系学部出身の大卒者なので、日本人SEよりも合理的な意思決定は得意である(Y/N)

| | Comments (0)

窓口がボトルネック、現場は自律的に動けない状況

下記のオフショア開発事例を読んで、後の設問に答えなさい。

毎日残業が続き「忙しい、忙しい」を連発する中国オフショア委託先のリーダー周さん。聞けば、昨晩もまた徹夜作業でした。

お客様から要求される無謀な開発スケジュールが忙しさの直接原因です。作業進捗を確認するために、日本と中国の現場リーダーは毎日、電話で話し合います。

昼間は互いに別の会議で予定が埋まっているため、日本と中国の進捗確認は決まって夜になります。中国オフショア委託先の明日の予定は、前日の夜にしか決まらない状況です。

中国オフショア委託先の窓口はリーダー1名のみ。日本側は3名の担当者が同時並行で中国窓口に作業指示を出します。中国側窓口がボトルネックと化しているのは火を見るより明らかです。ところが、短期的には、この問題が解決される見込みはありません。

3名の日本人から作業指示を受けた中国側窓口のリーダーは、翌日の作業を計画して、翌朝までに中国メンバーに通達します。

こうやって、オフショア開発の忙しい毎日が過ぎていきます。

■ 問いかけ

<問1>上記のオフショア開発状況を改善する一手を考案しなさい。

| | Comments (2)

オフショア開発実践セミナー ~2時間導入編(無料説明会)~

オフショア大學の標準テキストで学ぶべき必要最低限の知識を2時間でさっと学ぶ導入編講座を企画しました。オフショア大學 初回受講者向け、2012年6月14日事例研究講座の導入編です。

時間がもったいないので、無料説明会といいながら売り込みはほとんどありません。オフショア大學の講座に興味をお持ちの方は、お気軽にお申し込みください。

ただし、会場の関係から受講者は限定12名までとします。真剣にオフショア大學の活用を検討される方をお待ちしております。

2012年6月8日(金)18:45開始/東京・代々木駅徒歩1分

互いに顔が見えにくい分散環境という厳しい条件を踏まえた上で、外国人技術者との意思疎通や信頼関係構築の基本技法を学習します。さらに、オフショア開発プロジェクト実務者の視点から、分散チームだからこそ注意すべきソフトウェアテストの監視、受け入れテストの実施、並びに評価分析についての概要知識を学びます。

・オフショア開発の最新動向
・中国人SE向けの仕様書作成と作業指示の技法
・中国オフショア開発プロジェクトの品質コントロール技法

詳細&お申込みはこちらから
http://www.offshoringleaders.com/seminar/intro_seminar.html
ゲーム理論/ホテリング

| | Comments (0)

来日した外国人を和食に連れて行くリスク

あなたは、海外から短期行程で来日したVIP顧客を接待する担当だとします。ここでの海外とは、中国だけではなく、インド・ベトナム・米国・欧州を含みます。

欧米の顧客対応に長けたある日本人は、オフショア大學のインタビューに対して下記の意見を述べました。

日本に来た外国人をすぐに和食に連れて行くのは、どうかと思います。きっと会話が足りないのでしょう。

■ 問いかけ

<問1>短期行程で来日した外国人VIPを、すぐに和食に連れて行くリスクを分析しなさい。
ザリガニ料理

| | Comments (0)

中国プロジェクトメンバーの苦手領域を抑える質問(計画編)

ビジネスで中国人を相手にコーチングを実践する際に、「あなたはどう思う?」などと気軽に相手にボールを投げ返すと逆効果になることもしばしば。

コーチングの教科書に載っているような平凡な質問が続くと、元気いっぱいの中国人スタッフは欲求不満に陥ってしまいがちです。

「私の疑問にちゃんと答えてくれない」
「指示をください。私はその通りにやりますのでキリッ」
「こんな質問は時間の無駄です」


中国では、これといった正解のないOpen Questionばかりが続くと、詰め込み型教育しか知らない向上心の強いスタッフからすぐに反発を食らいます。

そこで最近の私は、念仏を唱えるように「目的は?」「目標は?」「生産物は?」「評価基準は?」を現場で繰り返します。

これらは、中国オフショア開発プロジェクトメンバーが最も苦手とする領域を網羅的にカバーする良問です。

このような Open Question には、特定文脈に依存した明確な答えが存在します。質問に答えられない場合は、その場で直ちに模範解答を与えます。お手本を参考に独自展開するのは、中国のお家芸ですから。

中国の現場指導では、このように Coaching と Teaching とうまく併用することが成功の鍵です。一般のパーソナルコーチングとは異なり、中国人に対して「この件についてあなたはどう思う」「後からじっくり考えてみよう」などと悠長に構えていられないのが現実です。

| | Comments (0)

微笑ましい勘違いを招いた一言

中国某所のオフショア委託先で、オフショア大學の特徴を下記の通り説明したら、微笑ましい勘違いが生じました。

オフショア大學の課題解決講座では、 中国人リーダーが主体となって 現場力を向上させる知識と技法を実践的に学びます。 ・・・
いったい、どういうことでしょうか?

■ 問いかけ

<問1>下記の選択肢から、勘違いの元となった表現を1つ選びなさい。
(a) 中国人リーダー
(b) 主体となって
(c) 現場力
(d) 実践的に学ぶ

<問2>勘違いの理由を予想しなさい。

| | Comments (1)

« April 2012 | Main | June 2012 »