« グローバル化への適応方法は1000年前に中国で発明済み | Main | 日本の理工学部生を叱咤激励する特別講義 »

標準プロセスが遵守されない理由

昨日の続きで、最近読んだ本を紹介します。

参考:グローバル社会への適応方法は1000年前に中国で発明済み

欧州の産業革命から始まり現在は米国が主導するグローバル社会の仕組みは、1000年も前に中国宋朝で発明された基本設計の焼き増しに過ぎません。

では、なぜ、今の中国では、法律が守られず、個人の財産権も保証されず、欧米流の民主的な議会政治が機能しないのでしょうか?

この問いかけには「民主主義は素晴らしい」「中国は悪の枢軸」みたいな前提条件が隠されています。前日も紹介した書籍「中国化する日本」によると、上記の問いかけの答えは以下の通りです。


●なぜ、中国では法律が守らないのか?

「なぜ、欧州では法律が守られるような土壌が育まれたのか?」を先に考える。

→答:欧州には中世後も永らく身分制度が残されていた。そのため、既得権益を握った貴族連中が王様(皇帝)から我が身を守るために公正な裁判制度を維持する必要があったから。同様な理由から、財産権も保護されるようになった、と考えるのが自然。

一方、中国では1000年前も宋朝時代に身分制・世襲制が撤廃され自由競争社会に突入したため、貴族が皇帝から財産を守るための裁判制度を発達させる牽引力が生まれなかった。

参考:中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史

●中国には身分制・世襲制がありませんが、国民の間に大きな経済格差が存在します。一方、日本には最近まで身分制・世襲制が残っていますが、国民の経済格差は世界的には極めて小さいとされます(参考:ジニ係数)。

日本と中国は同じような儒教文化を共有しながら、社会構造はまるで違います。

当然ながら、中国オフショア開発でもその影響をモロに受けます。

・平等意識
-買い手と売り手は対等関係(中国)
-男女平等(中国)
-職場と家庭は平等/むしろ家庭が重要(中国)


・格差
-数年前に結婚した幹部社員と未婚の若手社員との経済格差は凄まじい。同じような学歴を持ち、同じ会社で、同じプロジェクトで、同じ技術分野を扱うのに、生涯追いつくことの出来ない格差あり。
-日本で管理職になるには平均で勤続20年、中国で管理者になるには勤続5年、という管理職としての経験の格差


ちなみに、日本と中国、それぞれに「差別意識」は根強く残っています。公然の事実ですね。

・差別意識
-上流工程は偉い、下流工程は嫌い(日中共通)
-管理者は偉い、現場で汗水垂らして働くのは嫌い(中国)


最後に「ルール遵守に対する意識」について。日本と中国は、どちらも超法規的な暫定処置が少なくありませんが、その背後の意思決定メカニズムは全く異なります。

・ルール遵守に対する意識
-公式ルールよりもボスの意向が優先(中国)
-ボス不在なら、公式ルールよりも自分を優先(中国)
-公式ルールよりも、空気を優先(日本)
-目的が正しければ、公式ルールを破ってもよい(日本)
-前提条件が変われば、公式ルールに従う必要はない(中国)

■ 問いかけ

<問1>なぜ、中国では欧米流の民主的な議会政治が機能しないのか? 書籍「中国化する日本」の考え方を用いて説明しなさい。

ヒント:なぜ、欧州では民主主義な議会政治が必要とされたのか?


<問2>なぜ、多くのソフトウェア開発現場では標準プロセスが遵守されないのでしょうか? 日本と中国、それぞれの事情を考慮して理由を分析しなさい。

例:忙しいとき、勝手にレビュー省略する中国
例:顧客都合により手続きを無視して仕様変更をゴリ押しする日本

|

« グローバル化への適応方法は1000年前に中国で発明済み | Main | 日本の理工学部生を叱咤激励する特別講義 »

Comments

1.台湾とインドのように見た目で民主主義が機能しているが、結果を見ると、独裁主義より大きな改善は見られない。歴史の皇帝交代方法が第一原因だが、次の原因は民族が多い。欧州では、貴族制度と民族少ないの2点で中国と違う。
2.中国:歴史から学んだ現実主義。原因と結果を重視し、責任は「論外」。
日本:強さは一番偉い文化から物事の因果関係を軽視し、ボスが指示されたルールに違反する責任は重大だから。責任論に一点貼り。

Posted by: jokouyou | July 08, 2012 at 11:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« グローバル化への適応方法は1000年前に中国で発明済み | Main | 日本の理工学部生を叱咤激励する特別講義 »