« オフショア委託先にも反日感情はありますか? | Main | 素直に謝ったら罰を受けるハメに »

「政府と個人は別」。その直後に・・・

反日感情について、中国と韓国でよく聞くセリフを紹介します。

「政府と個人は別だ」
「過去の日本政府を憎んでいるが、今の日本人は嫌いじゃない」

本日は特別にオフショア開発とは無関係な話題を。

2012年9月中旬、中国各地で反日デモが盛り上がっています。ところが、私が暮らす江蘇省某所では、たまたま大規模な暴動はなく、無事平穏に過ごしています。

尖閣問題については、短期的には、両国民は分かり合えないことを前提に対策するしかなさそうです。両国の政府が賢く「落とし所」を探ろうとしても、少なくとも中国では民衆の理解は得られそうにありません。 

ところで中国庶民の感覚はこんな感じです。

「政府と個人は別。日本政府は悪いですが、幸地さんとはこれからも仲良くしましょう」。

その言葉を真に受けた私は、こう反応しました。

「中国政府は嘘をつくから、釣魚島の話も信用できない」。(でも、個人として君とは仲良く付きあおう、という意図)

でも、中国庶民の友人は激怒しました。彼は、政府批判と個人批判と同一視したのです。

私の感想:

「おいおい、そんなに怒るなら、最初から<政府と個人は別>とか綺麗事を言うなよ~苦笑」

余談ですが、日本にも、客観的な批評をすぐに人格批判とみなす傾向があります。福沢諭吉は「日本にディベート(debate)を導入するには時期尚早」と明治時代に警鐘を鳴らしました。まさに慧眼。

■ 問いかけ

<問1>中国オフショア委託先とのTV会議の後、「尖閣問題」について日本人が素朴な疑問を投げかけると問題がありますか?(Y/N)

<問2>「日本にディベート(debate)を導入するには時期尚早」と明治時代に警鐘を鳴らした福沢諭吉の言葉を分析しなさい。あなたは同意しますか?(Y/N)

|

« オフショア委託先にも反日感情はありますか? | Main | 素直に謝ったら罰を受けるハメに »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« オフショア委託先にも反日感情はありますか? | Main | 素直に謝ったら罰を受けるハメに »