« 「政府と個人は別」。その直後に・・・ | Main | 「見」と「観」と「看」の違い »

素直に謝ったら罰を受けるハメに

ある日本人出張者の体験談を読んで、後の設問に答えなさい。

中国人スタッフとの冗談交じりの会話で、こちらが軽く「すいません」と中国語で謝ったら、追い打ちをかけるように殴られそうになった。

なぜなら、あなたは「謝った」から、甘んじて罰を受けなさい、との中国式発想。今後、中国人に対して二度と謝罪しないと心に決めた、と苦笑いする日本人出張者。

■ 問いかけ

<問1>日本語の「すいません」を中国語訳しなさい。

<問2>「罪を憎んで人を憎まず」は日本固有の文化ですか?(Y/N)

Yes: 日本文化である
No: 僅かだが他国にも似たような考えがある
No: 多くの国や地域で似たような考えがある
その他
結果を見る
コメントボード

締切:2012年10月31日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

<問3>日本文化に明るくない外国人との会話で、あなたの責任が追求されにくい謝罪の方法を複数挙げなさい。

<問4>オフショア開発プロジェクトで、明らかに中国側の瑕疵による問題が発生しました。ところが、相手は言い訳ばかりを並べて、一向に謝る気配がありません。あなたが日本側の窓口担当者なら、どのように対処しますか。

|

« 「政府と個人は別」。その直後に・・・ | Main | 「見」と「観」と「看」の違い »

Comments

ことわざ、格言は多くの国々に共通しているので。

Posted by: Mylene | October 25, 2012 at 08:52 PM

日本も含めて、なかなか出来ないことを訓戒する表現だと思います。感情が向かう先は物体以外に有り得ません。

日本では建前このように振る舞いますが、実際は逆。他国は人を憎む行動も有ると良く聞きます。

但し、「罪」に該当する事象が起きたとき、どのように反応すべきかは別の課題と思います。日本で、まず謝るのは、詫びる姿勢を出さねば収拾しないではないでしょうか。

Posted by: 渡邉 誠 | October 25, 2012 at 08:53 PM

Myleneさん、出題者の幸地です。コメントありがとうございます。私の講座を受講した中国人から、中国でも「お客様は神様」はあります!と反論されることがあります。そこを、どう切り返すかが、コンサルタントの腕の見せ所です。

ちなみに、中国では考えられない日本の諺を1つ紹介します。

「遠くの親戚より近くの他人」

Posted by: 幸地司 | October 25, 2012 at 09:05 PM

渡邉誠さん、いつもコメントありがとうございます。どの文化にも建前と本音の使い分けはありますが、国や地域によって原理原則は異なりそうです。

例:大臣が不祥事で事実上更迭 → 公式見解は「体調不良で辞任」 → 建前を通すやり方は、日本と中国ほぼ同じ!

例:遅刻した人の反応は、日本と中国とで正反対!

日本:まず、素直に詫びる(申し訳ございませんの語源)
→本音は言い訳したいのに、建前として頭を下げる

中国:まず、遅刻は不可抗力だったと言い訳し、相手の面子を守る
→本音をいうと相手の面子を潰す場合は、100%建前を演じきる

Posted by: 幸地司 | October 25, 2012 at 09:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「政府と個人は別」。その直後に・・・ | Main | 「見」と「観」と「看」の違い »