« 誤解を招く恐れのある日本語表現 | Main | 「○○が問題です」に対する脊髄反射 »

国名を連呼し他国を見下す日本人

有名4コマ漫画「中国嫁日記」の著者による日本語学習者の小ネタ集から、今日も気になる話題を1つ取り上げます。

●中国嫁の疑問:

日本人は自分の国を自慢する時、ニッポン言いますね。日本人がニッポンと発言する時は他国を見下している感じがします。

●教授の解説:

普通、外国人が自国を言う時は「我が国は(ウリナラ)」などと言います。なのに、日本人は「我が国」と言うと、なんか偏った人に思えて、つい「日本では」って言っちゃうんでしょう。本人は客観的に言っているつもりですが。
結果的に「日本では」「日本だけに」「日本人は」と国名を連呼することになって、「ナショナリスト」と誤解される場面が生じます。

参考文献:井上純一(2013)、月とにほんご、アスキー・メディアワークス


●オフショア大學の解説:

日本人が「国名を連呼する」印象を持たれているなんて初耳です。念のため、周囲の中国人スタッフにヒアリングしてみました。結果は以下の通りです。

 日本人が「国名を連呼する」印象
 ・そうそう!同意!  100%
 ・特にそう感じない 0%
 (N=1 ... サンプル数が少なく恐縮です)

かつて、若い研究者だった私が国際学会で発表する機会が得られた際に、日本人講演者がよく口にする“We Japanese ... (私たち日本人は)”はやめておいたほうがいいと先輩からやんわり指導された記憶があります。(その他にも、“you know ...”はやめとけと助言あり)

先日、本誌で、日本人は主語を省略し、あえて動作の主体を曖昧にする傾向があると紹介しました。上記文献によると、、日本人が「お茶が入りました」と言うと、一部には混乱する外国人もいるらしい。目から鱗が落ちました(鱗が自分の意志が動いたカンジ)。

もしかしたら、日本人は個人を主語にする表現を避けるために、あえて「ニホン・ニッポン」という国名を多用するようになったのかもしれません。日本語で「我が国」と言えば、いかにも「私」の国という印象なので。

余談ですが、日本人向け英語教育で有名なマーク・ピーターセンの著書に、以下の笑い話が紹介されていました。文献が手元にないため、記憶を頼りに再現します。

 ある日本人が英会話教室で「my car ...」と話したところ、すかさず米国人教師から「あなたは結婚しているので、たとえ奥さんが運転しなくても、my car ではなく our car と言うべきだ」とツッコミが入った。

片仮名「マイカー」を暗黙的に家族所有と理解する組織中心的な集団主義を持つ日本文化と、典型的な個人主義の米国文化との対比が分かりやすい好例です。

「マイカー」と「our car(私たちの車)」の違いのように、自国の呼び方も国や地域の特性が色濃く反映されるものなのでしょう。

日本:日本は・・と国名を連呼、逆に「我が国」とは尊大な感じ
韓国:我が国(ウリナラ)
中国:自国を世界の中心といってはばからない
スイス:地域コミュニティが主体ゆえスイス国民の意識は薄い?

米国:
越国:
印度:
Philippines:
(フィリピンを片仮名で書いた時と、英語で書いた時の印象はまるで違います。お試しあれ。)

■ 問いかけ

<問1>参考文献「月とにほんご」によると、日本人は「ニホン・ニッポン」と国名を連呼する印象を持たれているらしい。この意見に同意しますか?(Y/N)

<問2>最近、あなたが出席した多国籍会議で、日本人参加者は何度「日本」と国名を口にしましたか。実際に数えてみましょう。

<問3>あなたの業務環境において、日本人が「日本は」という回数と外国人が自国名を連呼する回数は違いますか?(Y/N)

回答例:
Y:中国人だって、よく「中国は」と言いますよ。
N:当社のオフショア委託先では国名よりも地域名をよく聞くから

|

« 誤解を招く恐れのある日本語表現 | Main | 「○○が問題です」に対する脊髄反射 »

Comments

何故『「中国」嫁』を読んだのにチョン語を一例として最初に挙げたのか
何故『中国嫁』のみを参考文献としてそれが日本人のスタンダードであるかのように記事を書いたのか
何故中国人に聞いた「日本が自国名を連呼する」の答えが100%であることに疑問を覚えないのか

こんな一般人にも穴が見えるというのに知識人として一般人を見下してるエントリを書くなんて滑稽ですね(笑)

Posted by: mc | February 28, 2013 at 11:09 PM

「教授の解説:」は参考文献の引用のうちであって、ブログ主が恣意的に挙げた例でもなんでもありませんよ(「月とにほんご」85ページ参照)

Posted by: ke | February 28, 2013 at 11:32 PM

Q1:yes
確かにそうかも!仕事でも飲みでも、
「日本ではこうなんですよ~」といいう言い方多かったです。

Q2:?
多国籍な仕事から離れたのでもうわかりません。
でも「日本仕様」は確実に存在していました(衣類関係)
他国より品質基準が厳しかったです。

Q3:?
同じくらいでしょうか。
主に日中で取引していたので
「日本では!」「中国では!」は
日常茶飯事でした。

まあ、お互いの常識が違うだけ、だと思います。
友人としては大好きですが、仕事をすると
本気で頭にくるときがあるかも。そんな感じです。

Posted by: chie | March 01, 2013 at 12:07 AM

chieさん、ブログ主です。一般的な中国企業にとって、日本の品質基準は異常ですよね。善悪の問題ではなく、単に「正常な感覚ではない」という意味で「異常」。

実は、私の周りでも、「日本では!」「中国では!」は日常茶飯事です。私は中国人スタッフと日本語で会話することが多いので、そういう印象を持ったのかもしれません。もし、中国人スタッフと中国語で会話したら、違う印象を受けたかも。

また、コメントを下さいね。ありがとうございます。

Posted by: 幸地司 | March 03, 2013 at 10:56 PM

keさん、ブログ主です。mcさんの不思議な一連のコメント「何故『「中国」嫁』を読んだのにチョン語を一例として最初に挙げたのか.....」への情報提供ですね。当記事のフォローありがとうございます。

当初、keさんの書き込み意図が分からず、もしや「当ブログが批判されている」と勘違いしました。すいません! これからも、気が向いたらコメントをくださいね。

Posted by: 幸地司 | March 04, 2013 at 07:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 誤解を招く恐れのある日本語表現 | Main | 「○○が問題です」に対する脊髄反射 »