« June 2013 | Main | August 2013 »

「いつかはR&D」を夢見る

日本企業のR&D部門を目指す中国オフショア委託先が増えています。R&DとはResearch and Development、すなわち研究開発の略称です。

現在、中国には国内外の企業によって設立された研究開発機関が多数存在します。その規模は、インドを除く他のオフショア受託国(ベトナム、フィリピン、タイ等)を軽く凌駕します。

一般に、中国人技術者は学生時代に築いた同級生ネットワークによって、地元だけではなく全国主要都市の業界動向を驚くほどよく知っています。

競合会社の業務内容や発展可能性だけではなく、残業時間や給与額・社内持ち株制度から配当金までも1元単位で正確に情報共有しています。

こうした背景から、対日オフショア開発に従事する技術者は、たとえ平凡な才能しかなくても「いつかはR&D」との野望を持ちがちです。技術者にとって、オフショア開発がカローラなら、R&Dはクラウンなのでしょう(※)。実際、自分の同級生ネットワークには、少なからず研究開発機関で働いている者がいるのですから。

※ちなみに、自主製品開発=大型SUV

ところが、前出のような中国人のキャリア発展希望とオフショア発注企業の思惑は必ずしも一致しません。他業界ならまだしも、日本のソフトウェア業界にはそもそもR&D業務が少ないのが現実です。よって、貴重なR&D業務をわざわざ他国にオフショア委託するなんて、絵空事でしかありません。

さらに、日本からのオフショアR&D受託を望む中国側にも課題があります。

■ 問いかけ

<問1>日本から中国へのR&D委託で成功した事例を挙げなさい。業種業態は問いません。

<問2>日本から中国へのソフトウェアR&D委託の阻害要因を分析しなさい。

<問3>過去、実際にあった日本からアジア諸国への技術移転で、大失敗した事例を挙げなさい。

<問4>あなたが関与するオフショア現場から、将来R&Dをやりたいとの相談を受けました。前向きな態度で助言を与えなさい。

| | Comments (0)

和風を貫く日本料理屋が急に繁盛したワケ

私は中国に住んでいます。

正確には、毎月10日ほど中国に滞在する出張者なのですが、オフショア大學の講演等ではあえて「中国在住」と自己紹介しています。実際、去年は中国滞在が一番長かったわけだし、かれこれ3年以上、中国某所を定点観測しているので、中国在住はあながち嘘ではありません。

さて、今日は、中国滞在中、私が付き合いでよく利用する日本料理屋の話を紹介します。

この店は2年前に開店しました。オーナーをはじめ、店長・料理人・服務員はすべて中国人です。さらに、私が暮らす地域は、上海・北京・大連とは異なり在留日本人が少ないのが特徴。

このような悪条件にもかかわらず、当該店はそれなりに日本的な味を守り続けています。名ばかり日本食を提供する競合店とは経営方針が異なります。

そのうち、現地に暮らす日本人から「当所で日本の味を守る数少ない店」として愛されるようになりました。

中国在住の私ですが、定期的に日本訪問するため、わざわざ当地で日本食を求めることはありません。ですが、前述の通り「付き合い」のために、月1回程度この日本料理屋を訪れます。

さて、ここからが本題。

当地で日本の味を守り続ける貴重なこのお店に、最近は現地の中国人客が目立つようになりました。半年前までは、いつ行っても空席だらけか、個室で日本人宴会客が盛り上がっているだけだったにもかかわらず。

昨夜、久しぶりにこの店を訪れると、広い店内の半分がすでに客で埋まっていて、私達は手前のカウンター席に案内されました。

私「あそこの空いているテーブル、いい?」
店「すいません。全部予約で埋まっています」

なんと、広い店内の席がすべて埋まっていたのです。半年前の閑古鳥が鳴く姿が懐かしい。

同行した事情通の友人に訳を尋ねると、彼はこう解説してくれました。

「最近は、現地の中国人客でごった返している。平日の夕方、ぶらっと訪れても、席が確保できないことが多い。今日も事前に電話予約しておいたけど、この有様さ」


私は、なぜ中国人客が殺到するようになったのかが気になりました。もしかしたら、私が気付かないうちに、メニューが中華風に改変されてたのかもしれません。

ところが、事情通の友人によると、店の味は変わっていません。上海や大連には及ばないものの、相変わらず日本の味を保ち続けているそうです。

■ 問いかけ

<問1>なぜ、和風の味を保ち続ける日本料理屋に、現地の中国人客が殺到するようになったのでしょうか。

<問2>一般に中国の日本料理屋は、開店当初こそ純粋な和食をウリにするものの、次第に雰囲気を変えて、しまいには味も見た目も中華風になってしまいます。なぜ、中国の日本料理屋は、日本的な味を守り続けられないのでしょうか。

<問3>私の周囲の中国人スタッフは、日本の肉まんは美味しくないと言います。中国の道端で売られる1-2元の包子の方がずっとマシだと言うのです。いったいなぜでしょうか?


| | Comments (0)

【情報求む】ミャンマー訪問先

ブログ管理人の幸地司です。

2013年7月、当ブログの管理会社であるアイコーチ株式会社が創立10周年記念を迎えました。各方面からのお祝いのお言葉、まことにありがとうございます。

おかげさまで今期(2012年9月期)も増収増益を確保できそうです。お客様とパートナーに恵まれました。

過去1年は中国一辺倒でしたが、今夏から再び東南アジアに目を向けます。対象地域はベトナム・ミャンマー・そしてインドです。

ここで1つ、皆様に相談があります。

今年は、ミャンマーを訪問したいと考えています。もし、お近くにミャンマー関係者(オフショア委託先、現地子会社、IT関連業)がいらっしゃれば、是非ご紹介ください。

取材を兼ねた会社訪問と簡単なインタビューをさせていただきたく。

情報提供やご紹介の連絡先はこちらです。
   → info @ ai-coach.com

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

| | Comments (0)

« June 2013 | Main | August 2013 »