« 【情報求む】ミャンマー訪問先 | Main | 「いつかはR&D」を夢見る »

和風を貫く日本料理屋が急に繁盛したワケ

私は中国に住んでいます。

正確には、毎月10日ほど中国に滞在する出張者なのですが、オフショア大學の講演等ではあえて「中国在住」と自己紹介しています。実際、去年は中国滞在が一番長かったわけだし、かれこれ3年以上、中国某所を定点観測しているので、中国在住はあながち嘘ではありません。

さて、今日は、中国滞在中、私が付き合いでよく利用する日本料理屋の話を紹介します。

この店は2年前に開店しました。オーナーをはじめ、店長・料理人・服務員はすべて中国人です。さらに、私が暮らす地域は、上海・北京・大連とは異なり在留日本人が少ないのが特徴。

このような悪条件にもかかわらず、当該店はそれなりに日本的な味を守り続けています。名ばかり日本食を提供する競合店とは経営方針が異なります。

そのうち、現地に暮らす日本人から「当所で日本の味を守る数少ない店」として愛されるようになりました。

中国在住の私ですが、定期的に日本訪問するため、わざわざ当地で日本食を求めることはありません。ですが、前述の通り「付き合い」のために、月1回程度この日本料理屋を訪れます。

さて、ここからが本題。

当地で日本の味を守り続ける貴重なこのお店に、最近は現地の中国人客が目立つようになりました。半年前までは、いつ行っても空席だらけか、個室で日本人宴会客が盛り上がっているだけだったにもかかわらず。

昨夜、久しぶりにこの店を訪れると、広い店内の半分がすでに客で埋まっていて、私達は手前のカウンター席に案内されました。

私「あそこの空いているテーブル、いい?」
店「すいません。全部予約で埋まっています」

なんと、広い店内の席がすべて埋まっていたのです。半年前の閑古鳥が鳴く姿が懐かしい。

同行した事情通の友人に訳を尋ねると、彼はこう解説してくれました。

「最近は、現地の中国人客でごった返している。平日の夕方、ぶらっと訪れても、席が確保できないことが多い。今日も事前に電話予約しておいたけど、この有様さ」


私は、なぜ中国人客が殺到するようになったのかが気になりました。もしかしたら、私が気付かないうちに、メニューが中華風に改変されてたのかもしれません。

ところが、事情通の友人によると、店の味は変わっていません。上海や大連には及ばないものの、相変わらず日本の味を保ち続けているそうです。

■ 問いかけ

<問1>なぜ、和風の味を保ち続ける日本料理屋に、現地の中国人客が殺到するようになったのでしょうか。

<問2>一般に中国の日本料理屋は、開店当初こそ純粋な和食をウリにするものの、次第に雰囲気を変えて、しまいには味も見た目も中華風になってしまいます。なぜ、中国の日本料理屋は、日本的な味を守り続けられないのでしょうか。

<問3>私の周囲の中国人スタッフは、日本の肉まんは美味しくないと言います。中国の道端で売られる1-2元の包子の方がずっとマシだと言うのです。いったいなぜでしょうか?


|

« 【情報求む】ミャンマー訪問先 | Main | 「いつかはR&D」を夢見る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 【情報求む】ミャンマー訪問先 | Main | 「いつかはR&D」を夢見る »