« ミャンマー訪問記「もしミャンマー人SEが離職するなら」 | Main | 【PR】オフショア開発フォオーラム in ハノイ »

ミャンマー訪問記「転職しやすさの国別比較」

先月、ヤンゴン市内の日系企業でミャンマー人Software技術者に社内講義しました。

【ミャンマーの都合の悪い噂】
(a)ミャンマー人は集団作業が苦手、自発的なチームワークは期待薄
(b)ミャンマーでは仕事の後に「一杯飲む」習慣がない
(c)今でも頻繁に停電する
(d)意外に流動するミャンマー人労働者


今日は上記(d)を解説します。2013年8月現在、日系企業で働くミャンマー人SEの転職率は低いそうです。主な理由は2つ考えられます。

1つ目は、有力な転職先が少ないから。
2つ目は、多くのSEは他社で即戦力となるほど成熟していないから。


一方、Software技術者以外のミャンマー人労働者に目を向けてみると、また違った面が浮かび上がります。

実は、今でもヤンゴン市内の飲食店やサービス業で働く低賃金労働者は、頻繁に転職を繰り返すそうです。さらに、低賃金労働者だけではなく、マネージャー層も子飼いの部下を引き連れて、集団離職する事例が相次いでいます。

同時期に集団離職とまでは行かなくても、先に転職した親分が、後から各所に散らばった昔の仲間や部下を引き抜くなんて日常茶飯事。求職活動する幹部候補者が「私を採用すれば、すぐに○○と○○で業務経験のある仲間を連れてきます。だから私を好待遇で雇うべきだ」と採用面接で訴えてくるのです。

というわけで、今日のまとめ。

2013年現在、日系企業で働くミャンマー人SEはあまり流動しません。ですが、今後も人材流動が小さい前提で組織運営するのは危険です。特に有名な欧米企業が進出してSEを大量採用しだした場合は、すぐに赤信号が灯ると思って間違いないでしょう。

実際、ヤンゴンに無数にある飲食店やサービス業では、どこでもそれなりの人材流動があります。優秀な人はすぐに独立開業するし、失敗したら、またどこかで雇ってもらえばいいのですから(※)。

※社会保障制度が未成熟な国や地域では、雇用されるのも独立開業するのも、身分保障に大差ありません。

■ 問いかけ

<問1>都市部の飲食店やサービス業で働く低賃金労働者を想定します。中国人の離職しやすさ度数を100とした場合、ミャンマー人のそれは何点くらいだと思いますか? ついでに、ベトナム、フィリピン、日本も点数化しなさい。

<問2>都市部の中国人が「お金」を理由に転職する度合いを100とした場合、ミャンマー人のそれは何点くらいだと思いますか? ついでに、ベトナム、フィリピン、日本も点数化しなさい。


追伸。

私のミャンマー初訪問は2013年8月。なのに、なぜ私は 専門外の人材流動について詳しいのでしょうか。実はオフショア大學がヤンゴン市内でとあるサービス事業立ち上げに深く関わっているからです。事務所の確保から幹部採用、従業員採用(田舎からバスで調達、従業員寮も自前整備)、そして、人材教育まで、すべての事業立ち上げプロセスに関与しています。

先週までに20名のミャンマー人を採用したばかりなのに、早くも4-5名の流出を覚悟せねばいけない状態に。若いミャンマー人従業員(女子)が親元を離れて暮らすのは、こちらの想像以上に大変なことのようです。映画「三丁目の夕日」の世界観とは全く違う現実がミャンマーにはあります。

|

« ミャンマー訪問記「もしミャンマー人SEが離職するなら」 | Main | 【PR】オフショア開発フォオーラム in ハノイ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ミャンマー訪問記「もしミャンマー人SEが離職するなら」 | Main | 【PR】オフショア開発フォオーラム in ハノイ »