« 海外視察の罠/顧客実績の誇張表現 | Main | 海外視察の罠/物理的セキュリティ対策の運用実態 »

社員数の規模感を勘違い

中国生産委託先を視察する日本人出張者がよく侵す失敗。

・社員数の規模感を勘違いする

正社員と協力会社からの応援要員などが合算された誇張表現「我が社は技術者○○○名」を鵜呑みにする単純な誤解です。日本とは異なり、中国では就学中のインターン学生が技術者総数に加えられる恐れもあります。

さらに、近年は、人件費高騰への対策として、田舎に開発分室(子会社)を持つオフショア開発企業が増えています。本社と田舎を足して「技術者○○○名」と謳う企業も少なくありません。

ところが一般に、本社採用の技術者と田舎採用の技術者とでは技術水準がまるで異なります。決して偽装表示ではありませんが、意図的な情報操作だとの印象です。


かつて、中国沿岸部から一気に内陸部の主要都市(例:成都・西安・重慶)に進出した一部の会社は、先行者利益として地元の優秀な学生を採用できました。

一方、中国沿岸部主要都市から、車で数時間、距離にして数百キロメートル圏内という地元の田舎に開発分室を設立した場合、想定外の採用難に苦しめられています。


●Q&A例1
海外「我が社は技術者○○○名います!」
日本「正社員と協力会社の内訳は?」
海外「だいたい40%くらいは協力会社さんからの派遣です」
日本「・・・」


●Q&A例2
海外「我が社は社員○○○名います!」
日本「貴社は、開発の他にBPO事業もやっていましたよね」
海外「そうです。人数は増えませんが業務は順調です(自慢!)」
日本「BPO要員は全体の何割ですか?」
海外「全社員のうち、○○%くらいです」
日本「ということは・・・」


●Q&A例3
海外「我が社は社員○○○名います!」
日本「本社人数と田舎拠点人数の内訳は?」
海外「だいたい70:30くらいです」
日本「田舎拠点の平均年齢は何歳ですか?」
海外「三年前に設立したばっかりなので23-24歳くらいが多い」
日本「ということは・・・」


後日、以下の点を解説します。

・物理セキュリティ設備に満足し運用実態を見落とす
・無免許/無許可操業の確認漏れ
・予想以上に高い人材流動率(特に中堅以上)
・優れた製造実績=優れた保守運用サービス、の勘違い
・キーパーソンの業務掛け持ちにより、自社対応の優先度低下
・社内教育カリキュラムに満足し運用実態を見落とす


以下は、解説済みです。

認証資格の誇張表現に惑わされる
顧客実績の誇張表現に惑わされる


■ 問いかけ

<問1>中国オフショア企業で働くインターン学生の数、または、プロジェクトに占める比率を予想しなさい。
<問2>地元の田舎に開発分室を設立した会社では、なぜ想定外の採用難に苦しんでいるのでしょうか。
<問3>上記Q&A例2の会話の続きを創作しなさい。
<問4>上記Q&A例3の会話の続きを創作しなさい。

|

« 海外視察の罠/顧客実績の誇張表現 | Main | 海外視察の罠/物理的セキュリティ対策の運用実態 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 海外視察の罠/顧客実績の誇張表現 | Main | 海外視察の罠/物理的セキュリティ対策の運用実態 »