« 海外視察の罠/物理的セキュリティ対策の運用実態 | Main | ルールを守らないのがボス、すなわち特権階級の証 »

親会社とは異なり時間厳守しない海外子会社

海外にオフショア子会社を持つある日本企業での話。

年1-2回の定期訪問と称して海外子会社に出張することになった親会社の日本人幹部。短い滞在なので、現地では連日、会議三昧です。

この日本人幹部は、以前から海外子会社で会議開始時刻が守られない悪癖を気にしています。

親会社における会議開始時刻とは、会議が正式にスタートする時刻を意味します。つまり、よほどの事情がない限り、会議開始直前には参加者全員が集合済みであることが暗黙の了解となっています。

ところが、こちらの海外子会社では、会議参加者らは開始時刻にようやく自席を離れるのが通例となっています。結局、開始予定時刻を大幅に超過して会議が始まるのが、こちらの日常風景です。

■ 問いかけ

<問1>もし、あなたが上記事例の日本人幹部なら、親会社の社風とはまるで異なる子会社を目の当たりにして、どう反応しますか?

<問2>海外=中国の場合、ベトナムの場合、その他の場合とでは、あなたの反応は異なりますか?(Y/N)

<問3>問2の答えの根拠を述べなさい。

<問4>海外オフショア委託先で、よくあると思われる時間厳守されない会議の状況を創作しなさい。

<問5>日本の親会社で、よくあると思われる時間厳守されない会議の状況を創作しなさい。

|

« 海外視察の罠/物理的セキュリティ対策の運用実態 | Main | ルールを守らないのがボス、すなわち特権階級の証 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 海外視察の罠/物理的セキュリティ対策の運用実態 | Main | ルールを守らないのがボス、すなわち特権階級の証 »