« December 2013 | Main | February 2014 »

スマホ増加、インドネシア増加、ミャンマー減少

先日、私のメールマガジン号外PR版で案内した【オフショア開発.com】が、今週、再び皆さんに役立つ情報を提供してくれました。先日はあくまでも広告枠として紹介しましたが、今回は通常の記事として情報提供します。よって、特定企業に利益誘導する宣伝意図は全くありません。

【オフショア開発.com】とは、日本企業が運営するマッチングサイトです。中国企業情報も掲載されていますが、どちらかと言えば、ベトナムや他アジア諸国に強いのが特徴です。

http://www.offshore-kaihatsu.com/

今週、オフショア開発.comが「問合せ実績から見えてくる各国のオフショア開発最新動向」と題したレポートを発表しました。

オフショア大學以外にも、このような調査活動をする団体があるなんて感心です。一般的には、彼らをライバル視するのが当然かもしれませんが、業界全体の発展を願い、あえて彼らのレポートを紹介したいと思います。


●スマートフォン

スマートフォン用のサイト制作や、CMS構築・移行、HP制作なども海外で開発する会社も増加しており、オフショア開発の案件内容の多様化と実用化が進んでいる。


●ソーシャルゲームへの問い合わせ、増加傾向

これまでオフショア開発として利用されることがなかったソーシャルゲーム開発が問い合わせ全体の4%、発注先は主に中国とベトナム。

キャラクターデザインなどのオフショア発注には不向きとされてきたイラスト制作への問い合わせ=1%。3年前までは0%だったことを考慮すると、新しい動きにつながりそうな予感。こちらは、日本向けデザインに強いタイへのオフショアが主流。


●ラボ契約

単発案件ではなく、継続的に発注するラボ契約を前提とした問合せも増加。


●問合せ企業の業種割合:エンドユーザからの問い合わせ

SIerやベンダーだけでなくメーカー19%、小売業者7%、製造業者6%と、エンドユーザからの発注問い合わせあり。システム開発の商流構造は変わりつつあると分析。


●ベトナム利用者の声

・中国、インドと比べてエンジニアの人件費が安い
・親日である
・真面目で向上心がある
・中国と比べてカントリーリスクが低い
・ここ2年ほどでベトナムオフショア開発会社が急増している
・日本との時差が少ない
・インフラ環境の料金など物価が安い
・納品期日や品質に対する意識が高い


●インドネシア

インドネシアは2億4千万人というマーケットの大きさと、Facebookやモバイル普及率が高いこと、あと英語での対応も可能という点で注目を集めている。


ミャンマー

ミャンマーは以前より減少傾向(2011年:7.5%→2013年:5.5%)。


■ 問いかけ

<問1>オフショア開発.comへの問い合わせで最も多かった開発分野は何でしょうか?

(a)Webシステム開発
(b)スマホアプリ開発
(c)制御系システム
(d)パッケージソフト開発
(e)組み込み系


<問2>オフショア開発.comへの問い合わせで、最も多かったオフショア開発人気国は3年連続で「ベトナム」です。では、2位以下の国や地域を予想しなさい。

(a)中国
(b)インド
(c)ミャンマー
(d)フィリピン
(e)インドネシア


<問3>オフショア開発.comによると、なぜかミャンマーへの問い合わせ件数が減少傾向にあるらしい。一体なぜでしょうか?

| | Comments (0)

ご馳走になったので次は私が奢りたいが

オフショア大學受講生からの質問より:

中国オフショア発注先の日本駐在メンバに、先日、当社近くでランチを奢ってもらいました。そのお返しに、今度は私(日本人)が奢ってあげようと思います。ですが、次もきっと、彼が会計を持つと言いそうです。もしそうなったとき、こちらが強引に奢ってもいいのでしょうか。それとも、彼の意図を尊重して、奢られたほうがいいのでしょうか。

日本以外の多くのアジア諸国では、「奢る」「奢られる」の習慣が根付いています。実際、中国出張中、大人が割り勘する風景は滅多にお目にかかりません。

ほとんどのオフショア開発実務者は、知識として「割り勘は日本独特」を知っていますが、いざ中国人から何度も連続して奢られると、つい気が引けてしまいます。

■ 問いかけ

<問1>場所が中国なら「中国式」に従うべきだが、日本なら「日本式」の発想を優先してよい。ランチご馳走の件に限定するなら、あなたはこの主張に同意しますか(Y/N)

<問2>いかに相手が中国人とは言え、日本で取引先に奢ってもらうのはよくない。同意しますか(Y/N)

<問3>上記の質問者は、なぜ「次もきっと、彼(中国人)が会計を持つ」と考えているのでしょうか。

<問4>中国式「奢る」「奢られる」の習慣をルール化しなさい。

<問5>問4の答えを鑑みて、上記の質問者に役立つ助言を与えなさい。

| | Comments (1)

"他人のprideを潰す"英語表現

オフショア大學では、インドを含む東アジア地域でのオフショア開発で使うための英語教育に着手しました。オフショア大學による「国際共通語としての英語」トレーニングの例をいくつか紹介します。

●英語の「核(core)」 

国際的に意味を共有できる発音/イントネーション/単語/文法の根源的意味を特定します。

・theを日本語「ザ」と発音してもわかりやすさの障害にはならない
・/L/と/R/の違いも文脈から想像がつくので過度の心配なし
・子音連結、短母音を含めた母音の基本的な音が重要(didn't)
質問する際のイントネーションは世界共通
・単語"hold"の根源的意味は「持つ」ではない

参考:言葉の根源的意味(コア)/きれい≠漂亮


中国語と日本語の「面子」、英語「pride」のコアを比較分析

私とオフショア大學英語講師の問答を通じて、中国語と日本語の「面子」、そして、英語「pride」の根源的意味=核(コア)の違いを分析します。


まず、私は、英単語"pride"を用いて「相手の面子を潰す」を英訳できるか、と軽くジャブを放ちました。

すると、オフショア大學英語講師は、「英語で"他人のprideを潰す"みたいな表現は聞いたことない」と返答しました。(※メルマガでは別途、補足説明あり)

次いで、「中国では面子の貸し借りがあるが、"pride" を使って英語表現できるか?」と私が質問したら、講師曰く「それも聞いたことがない」。

辞書によると、"pride"は主に個人的な主義主張・価値観に基づきます。そのため、中国と日本に共通する、他人から見られることを前提とした「顔に泥を塗られる」のような発想はなさそうです。

ちなみに、"losing face"は華僑の影響ではないか、と勝手に予想しています。


ここで、あえて他人からの視線・世間体を気にした「面子」っぽい英語を講師に探してもらったら、"honor"がそれに近いと助言をいただきました。"honor"の一般的な日本語訳は「名誉」ですね。

でも、やはり、英米に"honorの貸し借り"なんて感覚はなさそうです。


■ 問いかけ

<問1>日本以外のほとんど国の英語話者は、教科書的な子音連結のルールにしたがって発音する(Y/N)
例:日本では、didn't を“ディドゥント”と4音節で発音。

<問2>質問時に語尾を上げるイントネーションは、ほとんどの国や地域で共通します。では、質問時以外に、多くのの国や地域で共通するイントネーションの例を挙げなさい。

<問3>英語"pride"の根源的意味を調べて、面子との違いを比較表にまとめなさい。

<問4>英語表現"losing face"は華僑が作った(Y/N)

<問5>英米にも、他人の"honorを潰す"とか"honorを奪う"などの感覚は存在する(Y/N)

<問6>オフショア大学講師が提唱する「文法のコア」とは何でしょうか。いきなりで恐縮ですが、ヒント無しで予想しなさい。

| | Comments (0)

Something to drink? → No need は間違いか?

オフショア大學では、インドを含む東アジア地域でのオフショア開発で使うための英語教育に着手しました。より汎用的には、国際共通語としての英語を使うための基礎から実践トレーニンを包括します。

上記で定義される「国際共通語としての英語」とは、あくまでも問題解決のための一手段に過ぎません。我々の究極の目的は、あくまでも問題解決です。諸問題を解決し、オフショア開発を成功に導くために必要かつ最低限の英語を費用対効果的に学習します。

オフショア大學による「国際共通語としての英語」トレーニングの例をいくつか紹介します。


●わかりやすさ intelligibility

英語を母語としない者同士が英語で話合った際に、互いの英語を理解できるように創意工夫すること。もし、大学入試水準の英語力を持つあなたが業務で英語を使うなら、まずは自分と相手の特徴を理解しましょう。
すなわち「敵を知って己を知れば百戦危うからず」。

(1)日本人英語の特徴

・・・省略。ネットや書籍で無数に紹介されています。


(2) 相手の英語の特徴

例えばインド英語の特徴は以下の通りです。

英米人向け教科書的な英文法の正確性を気にしない、インド人独特の発音やイントネーション、現地文化や母語の影響を受けてカスタマイズされた英語表現など。

・冠詞を厳密に使い分けない(a/an, theの使い方)
・3単現のsを気にせず省略/蛇足的に付与
・/r/の発音
・/p/の発音
・/th/の発音
・today morning / What is [your] good name?(ヒンディー影響)

※そもそも自分の英語力に自信がないあなたは、インド英語の特徴を知る前に中学・高校レベルの基礎力を身につけましょう。

■ 問いかけ

<問1>英語学習に関する以下の質問に答えなさい。
(a) 英語を聞き流せば上達する (Y/N)
(b) 英単語を増やせば話せる (Y/N)
(c) 試験の点数がよければ話せる (Y/N)
(d) 発音はネイティブに近づける (Y/N)
(e) 先生はネイティブが一番だ (Y/N)


<問2>次のシンガポール英語を分析しなさい。

何かお飲物は?
Would you like something to drink?
いいえ結構です。
No need. (教科書英語では /No thank you/ が正解)

※メルマガ読者からの情報提供です、感謝。


<問3>次のインド英語を分析しなさい。

窓を開けてもいいですか?
Would you mind my opening the window?
「開けてもいい」と答える
Yes.  (教科書英語では /No/ が正解)


<問4>インド現地法人とTV会議するある日本人は、日頃からいかにも日本語直訳的な不自然な英語表現を使います。ところが、やがて、現地のインド人も、日本人と同じような不自然な英語表現を使うようになりました。あなたは、この現象をどう評価しますか。

例:その件は前向きに検討させてください
We will consider it in a looking-forward way.

これはどうですか? まあまあですね
How about this? I think Ma-ma.


<問5>あなたの上司は、海外とのTV会議の最後を「では、そういうことで、よろしくお願いします」と締めくくりました。

(a) この締めの言葉を現地語に訳しなさい(英語・中国語)
(b) 海外側はこの締めをどう理解するかを予想しなさい

| | Comments (0)

言葉の根源的意味(コア)/きれい≠漂亮

第47回オフショア開発勉強会では、英語による業務遂行トレーニングとして、中学レベル英単語の根源的意味(コア)を学習します。

例えば、英単語"hold"。

もし、あなたが hold =「持つ」の直訳を信じているなら、すなわち、holdと聞いて「人が何かを持つ」映像が頭に浮かぶなら、残念な英語力と言わざるを得ません。

・・・と私の英語先生が言ってました苦笑


もし、あなたが hold =「持つ」の直訳を信じているなら、

・会議をholdするってどういうこと?
・アイデアをholdすると、アイデアをhaveすることの違いは?
・熱い鍋を触ろうとする子供に“hold it!”と叫ぶとどうなる?

と英語先生から矢継ぎ早に突っ込まれるでしょう苦笑


もちろん、日本語や中国語の基本単語にも、それぞれ「コア」があります。例えば、中国ビジネスの頻出単語=綺麗(きれい)/漂亮。

(えっ、業務では「きれい」を使わないって??? 私は、昼も夜も使いますけど、何か?)

もし、ある人が「きれい=漂亮」の直訳を信じているなら、日常会話で支障をきたします。

 ○ あなたは綺麗だ(直訳OK)
 ○ 綺麗な洋服  (直訳OK)
 × 空気がきれいだ(直訳NG)
 × 部屋をきれいに片付けなさい(直訳NG)
 × あなたはどんな女性が好き? 心がきれいな人(直訳NG)

上記では、中国語「漂亮」に相当するものを漢字「綺麗」、直訳できないものを平仮名「きれい」で表現しました。

日本語の「きれい」には表面的な美しさだけではなく、清潔さや抽象的な清らかさ等の意味も含まれます。一方、中国語の漂亮は主に見た目の美しさと、見事・立派・Nice(ナイス)の意味で用いられます。中国語の漂亮だって抽象的な概念を含みますが、日本語の「きれい」が含む抽象さとはまるで違います。

日本語「きれい」のコアを理解するには、神道の最重要概念の1つ穢れ(けがれ)を学ぶとよいでしょう。

中国人の日本語初学者は「漂亮=きれい」と直訳するため、「空気がきれい」という日常会話に違和感を覚えます。しまいには「空気は清潔」と言います。もちろん、逆に、中国語初学者の日本人は「漂亮的空气」と誤訳します。

このような単純ミスを避ける最良の手段の一つが、普段から言葉が持つ根源的意味(コア)を意識することです。かつての受験生は、単語帳を使って丸暗記を繰り返しましたが、経験豊富な社会人ともなれば、より統合的な見地から語学学習すべきだと思います。


■ 問いかけ

<問1>英単語"hold"の根源的意味(コア)を調べて、体を使って表現しなさい。

<問2>英単語"hold"の根源的意味(コア)を調べて、言葉で表現しなさい。

<問3>会議をholdすると、会議をhaveする、の違いを述べなさい。

<問4>日本人留学生が知らずに熱い鍋を触ろうとしています。ホームステイ先の主人が慌てて“hold it!”と叫ぶとどうなるか?

<問5>米国の一般家庭で、熱い鍋を触ろうとする子供に親が慌てて“hold it!”と叫ぶとどうなるか?

<問6>インドIT企業で、熱い鍋を触ろうとする従業員に周囲が慌てて“hold it!”と叫ぶとどうなるか?

<問7>日本語「穢れ」と「汚れ」の根源的意味(コア)の違いを述べなさい。

<問8>あなたは、以下の主張に同意しますか?(Y/N)
「ソフトウェア品質劣化は穢れである」

| | Comments (0)

タクシー運転手の良心

今週は中国江蘇省に滞在中です。私が暮らす地域には、割と良心的なタクシー運転手が多い印象です。かつて、一度だけ、空港で拾ったタクシーにぼられそうになりましたが、繁華街を流すタクシーで嫌な目にあったことがありません。

「君は韓国人か?」の定番質問にも、うまく対応できていると自負します。


例えば、こんな感じの良心的運転手に二度も出会いました。

普段、25元の運賃で行ける場所なのに、あるタクシー運転手が遠回りとなる道を選択しました。

道中、私は「あーあ、この道だと、いつもより遠いよ。普段は25元くらいなのに」と運転手につぶやきます。決して批判がましく言うのではなく、あくまでも効率的なルート案内として紳士的につぶやきます。

すると、運転手も「では、この道を通るから、結果として、そんなに遠くならないはずだ」と応戦します。

目的地に到着、メーターは29元を示していました(普段は25元)。


私はメーターを確認後、黙って30元を差し出しお釣りを待ちます。すると、タクシー運転手は、なにか呟きながら5元札を手渡しました。

私は「お釣りは5元じゃなく1元だ」と言っても、運転手は聞く耳を持ちません。小さな事かもしれませんが、中国人タクシー運転手の心意気を感じました。

私は、有り難くお釣りを頂戴して、普段と同じように、走り去るタクシーに「バイバイ」と手を振ります。

たまたま偶然かもしれませんが、私はこの1年間に、こんな感じの良心的タクシー運転手に二度も出会いました。

■ 問いかけ

<問1>中国に限らず東南アジア諸国を旅する日本人は、現地人から頻繁に「君は韓国人か?」と質問されます。一体なぜでしょうか。

<問2>中国人タクシー運転手から「君は韓国人か?」と質問されたとき、一体どのように反応すればよいでしょうか。年齢・性別・乗車人数・あなたの語学力・反日感情リスク等を考慮して、いくつかの反応パターンを答えなさい。

<問3>上記事例のタクシー運転手は、なぜ5元のお釣りを返したのでしょうか。キーワード「職人」「面子」を使って答えなさい。

<問4>あなたは一人で中国出張したとします。現地空港で一人でタクシーを拾ってホテルまで移動する際に注意すべき点を複数挙げなさい。同様に、中国以外の国や地域で、同じ状況でタクシー利用する場合の注意点も検討しなさい。

<問5>あなたは一人で中国出張したとします。朝の通勤ラッシュ時に一人で流しのタクシーを拾う際に注意すべき点を複数挙げなさい。同様に、中国以外の国や地域で、同じ状況でタクシー利用する場合の注意点も検討しなさい。

| | Comments (0)

インド対応、全員が異なる要求水準で英語学習する時代

前号の続き:中国プラスワン戦略の選択肢

ところで、当然ながら、オフショア開発の現場で用いられるコミュニケーション言語は、日本語か英語かの二者択一ではありません。

これまでは、ごく一部を除いて、日本のソフトウェア開発現場は日本語一辺倒というのが決まり事でした。ところが、中国プラスワン戦略が連日のようにTVや新聞・雑誌で騒がれる昨今、その前提は少しずつ崩れ始めています。

2014年は、中国プラスワン戦略/脱中国の方針に則り、多くのオフショア開発現場で今さらながら「英語」への関心が高まるようになるでしょう。

大昔:ソフトウェア畑ではない英語屋に依存
近年:一部の選ばれし技術者・管理者が実践で高い英語力を独習
今後:一般の現場でも、それぞれ異なる要求水準で計画学習


オフショア大學では、インドを含む東アジア地域でのオフショア開発で使うための英語教育に着手しました。より汎用的には、国際共通語としての英語を使うための基礎から実践トレーニンを包括します。

オフショア大學による「国際共通語」としての英語トレーニングの初期段階では、以下の三課題を徹底的に学びます。

1)わかりやすさの追求(intelligibility)
2)英語の「核(core)」を特定 
3)単語(コロケーション)


これら三課題の内容は、2014年初開催となる第47回オフショア開発勉強会でご確認ください。英語が苦手な方にも必ず役立つ内容です。逆に英語が得意な人(TOEIC高得点者を鼻で笑える人)であっても、思わず関連部署に展開したくなる小技を幾つかお持ち帰りいただけるでしょう。

■ 問いかけ

<問1>「国際共通語としての英語」を定義しなさい。オフショア開発での利用を想定した狭義の定義でも構いません。

<問2>英語圏の海外オフショア子会社に赴任して現地スタッフを指揮する立場の駐在員に要求される英語力を規定しなさい。

<問3>日本で日本人顧客と一緒にソフトウェア要求仕様をまとめる技術者に要求される英語力を規定しなさい。

<問4>顧客が提示した日本語によるソフトウェア要求一覧を、オフショア委託先が理解できるよう具体化して、英語でソフトウェア外部設計を伝達するために必要な能力を規定しなさい。

| | Comments (0)

中国プラスワン戦略の選択肢

去年12月に開催された第46回オフショア開発勉強会では、脱中国を加速させる社会全体の潮流を分析しました。さらに、オフショア開発に特化した中国プラスワン戦略についても議論しました。

以下は「対日オフショア開発」の観点から語学力/対応規模/技術力/市場魅力をまとめた比較表です。

中国プラスワン戦略の選択肢(各国比較表)


もし、あなたの会社が「日本語」にこだわるなら、選択肢は中国か越南に絞られます。口頭会話は日本でも、現地とやりとりする文書の一部を英語化できるなら、フィリピンも選択肢に加わります。

もし、あなたの会社が「日本語」にこだわり、かつ、毎月 100人月以上を継続的にオフショア発注したいなら、短期的には中国以外に選択肢はありません。

一方で、もしあなたの会社が小規模Webアプリやゲームを主体とするなら、中国よりも越南の方がオフショア開発による便益を享受できるかもしれません。

もし、あなたの会社が「英語」を使う覚悟を決めたなら、あらゆるオフショア受託国を活用できるようになるでしょう。

印度では、少々値が張るものの、高い技術力を誇る経験豊富な技術者を大量活用できます。フィリピンでは、大量確保は難しいものの、中国並みの労働コストで中級以上の技術者を雇えます。もちろん、中国にも英語が得意なソフトウェア技術者はそれなりに存在します。

あまり知られていませんが、緬甸人技術者の英語力はインドやフィリピンに引けを取りません。いわゆるエリート層だけではなく、街を流すタクシーの運転手ですら英語を話します。発音や語彙力は、人によってまちまちですが。

■ 問いかけ

<問1>上記比較表では、中国の技術力は「中」と評価されています。この評価を分析しなさい。

<問2>上記比較表では、越南の日本語力は「△+」と評価されています。この評価を分析しなさい。

<問3>上記比較表による越南全体の評価を分析しなさい。

<問4>上記比較表の「緬甸」とは何ですか?

<問5>日本企業がオフショア開発のパートナーとしてインドを選択する理由は何ですか?

<問6>一般に懸念される中国リスクを列挙しなさい。

<問7>上記比較表にあなたは同意しますか? 異論反論があればお気軽にお寄せください。

| | Comments (0)

« December 2013 | Main | February 2014 »