« 「確認した」の直訳 | Main | 「取りこぼし=負け」と直訳 »

微妙な距離感を醸し出す“that”

突然ですが、問いかけ。

あなたは、オフショア先から、現地テストを再現するために必要なデータを送付してもらいたい。過去に何度もメールで指示したけど、オフショア先から見当違いのデータばかり送付されてきた。この度、ようやくあなたが欲しいデータが入手できそうな予感。

以下の状況において、(a)と(b)の意味の違いを述べなさい。

(a) This is the data which I wanted to analyze.
(b) This is the data that I wanted to analyze.


上記を単なる暗記問題と考えるか、それとも Global English の根幹をなす重要知識と考えるかは、あなた次第です。答えを今すぐ知りたい人は、以下を読み飛ばして、問いかけまでお進みください。

              ※

今月末の公開講座において、オフショア大学英語講師は「that のコアは Global English の根幹をなす重要知識」との立場で十分に時間を割いて説明してくれるでしょう。講座では、このような会話が予想されます。


講師「that の意味は何ですか?」

A「アレ、ソレ?」
B「this が手前のコレ、that は向こうのソレ」
C「関係代名詞でも使えます」
D「who, whom, or which に置き換え可能」
E「他にもいろいろ辞書に載ってますよ」


講師「例えば、次の電話口での決まり文句。手前のコレだから Y の主語は this ですか? なぜ it じゃないの? 同様になぜ that ではダメなのでしょうか?」

X: May I ask who's calling?
Y: This is ◯◯ speaking. (◯◯=話し手の名前)

ABCDE「うーーん」


講師「受験英語では、辞書に載る機能を全て丸暗記させられましたが、Global English では that のコアを理解すればOK。一つのコアを展開して、複数の機能を説明します。

that のコアは微妙に遠くにある距離感です。物理的な距離もあれば、抽象的な距離もあります。

this と that の違いは、距離が近いか遠いか。それが転じて、具体的か抽象的かの違いにもなるし、時には、(自分を間近に感じで)興奮か(自分から距離を置く感じで)冷静かの違いをもたらすこともあります」


■ 問いかけ

<問1>シェークスピアの下記有名な台詞では、なぜ“this is the question”じゃないのか? 意味の違いを分析しなさい。

 To be or not to be, that is the question.
 「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」


<問2>that のコアを意識して、電話でよくある次の会話の this と that の違いをあなたの言葉で述べなさい。


X: May I ask who's calling? どちら様でしょうか?
Y: This is Higa speaking.  比嘉です。

X: .....................?  先日もお電話があったようですが
Y: That was our call.    それは、弊社からのご連絡です。

※上記英文は必ずしも「自然」な表現ではありませんが、学習意図を強調するためにあえて単純化しました。ご了承ください。


<問3>以下の状況において、(a)と(b)の意味の違いを述べなさい。

あなたは、オフショア先から、現地テストを再現するために必要なデータが送付してもらいたい。過去に何度もメールで指示したけど、オフショア先から見当違いのデータばかり送付されてきた。この度、ようやくあなたが欲しいデータが入手できそうな予感。

(a) This is the data which I wanted to analyze.
(b) This is the data that I wanted to analyze.

|

« 「確認した」の直訳 | Main | 「取りこぼし=負け」と直訳 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「確認した」の直訳 | Main | 「取りこぼし=負け」と直訳 »