« 外国人にも通じやすい背景説明 | Main | パートナー選定基準-規模と言語 »

悪意あるメンバーを見分ける方法

オフショア大學受講生との質疑応答より。
(Q. 受講生 A. オフショア大學講師)


Q.悪意の有るメンバーを見分ける方法を教えて下さい。


A.話を中国人SEに限定します。

この話は壮大なテーマなので、後日、きちんと整理したほうが良さそうです。今号では、とりあえず、オフショア大學の知見を思いつくままに列挙します。悪しからず。

真の極悪人がオフショア開発メンバーに交じる可能性は小さいので、ここでは日本との「違い」に着目します。正直に言うと、善人を装う極悪人を見分ける方法なんて、私にも分かりません。


(1) 日本的商習慣には適さないという意味で「悪意のある」メンバーは大勢います。例えば遅刻&言い訳の常習犯、開発ガイドラインを無視して我流を貫く、等。

(2) さらに、どんなに良好な関係を保ってきた中国人でも、突然悪意をむき出しにすることがあります。例えば、理不尽な日本人顧客要求に怒って、夜間休日の緊急対応を無視するサボタージュ等。

要するに、一般的な日本人SEにとって、中国人SEは全て「悪意」を持つ恐れがあります。和をもって尊しとなす日本人にとっては、正に悪夢ですね。

Photo

まず、前者の意味(1) で「悪意のある」メンバーを見分ける方法ですが、手っ取り早いのは普段の勤怠を数値データ管理することです。ただし、日本人が感じる「悪意」と中国人が評価する「元気さ」は紙一重です。

日本から指示された開発方式には全く従わないのに、未成熟の若手チームをまとめあげてきっちり納期に間に合わせてくる、などは「生意気」とも評されるし「元気がよい」とも評されます。

時々遅刻するけど仕事はきっちりする中国人プログラマは、一般にはマイナス評価を受けません。役職が上がれば上がるほど「遅刻」に対する罪の意識は増すものの、オフショアメンバーの大半を占める20代の若手プログラマにとって、遅刻常習は決して大罪ではありません。


次に、後者の意味(2) で「悪意のある」メンバーを見分ける方法ですが、これは突然「敵意」をむき出しにする瞬間の見極めが肝心です。普段は良好な関係を保っているのに、ある瞬間、突然悪意をみせる。必ずしも中国人固有の行動特性ではありませんが、いくつか典型的なパターンを知っておいて損はないでしょう。


■ 問いかけ

<問1>オフショア開発プロジェクトメンバーによる悪意ある行為をできるだけ多く列挙しなさい。


<問2>オフショア委託先による以下の行為は悪意がありますか?(Y/N)

・忙しいので内部レビューを割愛して次の作業に移る(Y/N)
・日文作成は苦手なので自動翻訳結果を貼り付けて提出(Y/N)
・日本側窓口に相談しても埒が明かない、客先のリーダーに直接相談を持ちかけた(Y/N)
・日本都合による残業過多が続くので、朝は定時に1時間ほど遅れて出勤することが多い(Y/N)
・相談すれば簡単に共通化できそうな機能(例えばエラー処理)なのに、各人がそれぞれ自分で機能実装する(Y/N)
・自分で作成した不十分なテストデータを用いた試験で、与えられたバグ密度目標を達成したので、テスト終了と誤認(Y/N)


<問3>これまで良好な関係を保ってきた外国人SE/管理者が、ある時からあなたに悪意を向け始めた。考えられる理由を複数挙げなさい。

|

« 外国人にも通じやすい背景説明 | Main | パートナー選定基準-規模と言語 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 外国人にも通じやすい背景説明 | Main | パートナー選定基準-規模と言語 »