« 標準化はどこまで細かくすべきか | Main | 悪意なき「問題なし」への異文化視点対策 »

悪意なき「問題なし」へのマネジメント視点対策

オフショア大學受講生との質疑応答より。
(Q. 受講生 A. オフショア大學講師)


Q.中国人は嘘つきというのではなく、悪意がないのに進捗などで「問題なし」と報告することに対して、どのようにガードをかければよいでしょうか?


A.二つの側面から対策するとよいでしょう。

1つ目は、国民文化に依存しない純粋なマネジメント視点での対策。
2つ目は、中国文化を考慮した異文化コミュニケーション視点での対策。

平時の現場レベルの進捗確認であれば、主に前者の方法で十分に対策できます。ここで、重要な前提条件を1つ確認しておきます。

<前提条件>
中国に限らず、オフショア委託先で働くメンバーは、あなたが想像するよりもずっと若くて、マネジメント成熟度が低いとうこと。
念のため、オフショア委託先の若手従業員らは、日本人に勝るとも劣らない技術力と向上心を持っています。決してガキの無能集団でありません。


まず、1つ目の対策について。

国民文化に依存しない純粋なマネジメント視点での対策なので、わざわざ本誌で語る必要はありません。巷の研修テキストやプロジェクトマネジメント標準の参考書に、無数の解答例が載っているはずです。

あえて、一つだけ助言するなら、前出の<前提条件>を決して忘れないでいただきたく。

日本企業の平均的リーダーと中国オフショア委託先のリーダーは全く異なります。マネジメント経験や品質意識は言うに及ばず、情報展開力や知見の文書化などは、日本企業で育った平均的リーダーの足元にも及びません。

この傾向は、役職があがれば上がるほど、日中の格差が鮮明になります。

念のため、中国人リーダーや役職者のチーム統率力に問題があるわけではありません。日中で同年代(例えば30歳)の技術者を比較すると、恐らく、ほとんどの場合、中国人30歳の方が管理経験が豊富です。彼らは、母語でない日本語を操って、日本の上場企業の部課長と対等に会話します。平均的な日本人ソフトウェア技術者では、到底考えられません。

ついでに、もう一つ中国人リーダーをフォローするなら、彼らの座学的な論理思考力は、平均的な日本人技術者を遥かに凌駕します。暗記一辺倒だと誤解されがちな中国教育ですが、世界有数の厳しい受験競争を勝ち抜いた者が多数を占める中国人ソフトウェア技術者なので、いわゆる地頭のよさも折り紙つきだとみなして間違いありません。


話を元に戻します。

1つ目の対策、すなわち、国民文化に依存しない純粋なマネジメント視点での施策で中国オフショア委託先から上がってくる進捗報告の精度を高めたい場合、相手を5-10年経験が浅い新米社会人と見なして接する方が安全です。

つまり、あなたが接する相手は一流大学卒の元気な技術者。だけど、社会人としては未熟なリーダー候補生。

このような前提でマネジメント施策を打つと、中国オフショア委託先から上がってくる進捗報告の精度を今よりも劇的に高められるでしょう。いわゆる、新入社員向けマナー研修の教科書に載るような基本技を活用するのも効果的です。


今日は解説が長くなったので、最後に単純ながら効果絶大の技を1つ紹介します。


・質問の視点を変更

×いつまでに終わりますか? → ◯いつから着手しますか? 

「いつまでに終わるか?」と問われたら、人間はつい憶測を喋ってしまいがち。ましてや、中国人技術者ならなおさら「◯◯までに完了します」と根拠なき自信で笑顔を振りまきます。ところが、「いつから着手するか?」と問われたら、人間はなぜか本音を明かしてしまう傾向があります。表のスケジュールと裏のスケジュールの両方を正確に把握できれば、経験豊かなあなたなら有効な対策を講じられるでしょう。

・・・続きは後日。


■ 問いかけ

<問1>進捗報告に関して、日本のやり方とオフショア委託先のやり方の違いをたくさん挙げなさい。


<問2>オフショア開発プロジェクト進捗報告書のフォーマットを設計する際、相手が外国人であることを考慮した注意点を述べなさい。


<問3>オフショア開発で日報を使う際の注意点を述べなさい。


<問4>オフショア開発で進捗報告をなくすメリットとデメリットをそれぞれ分析しなさい。


●過去関連記事

「没問題」によるトラブルは「文化の壁」が真の原因か?
危ない進捗報告「しなかった」と「できなかった」
進捗報告メールで何気なく「スケジュール変更した」と一言
進捗会議なぞ廃止してしまえ
「確認した」の直訳

|

« 標準化はどこまで細かくすべきか | Main | 悪意なき「問題なし」への異文化視点対策 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 標準化はどこまで細かくすべきか | Main | 悪意なき「問題なし」への異文化視点対策 »