« 報連相の効果的指導法 | Main | 相手方を「中国人」と呼ぶのは何となく失礼?(Y/N) »

ヒヤリハット以上、過酷事故未満

関西国際空港で深刻な事故につながりかねないヒヤリハットなミスが発生しました。離陸のため滑走路手前で待機していたハワイアン機と管制官とのやり取りより:

管制官「ホールド ポジション」

操縦士「よっしゃ!ポジション アンド ホールド ですね」 (規則通り復唱)

管制官「?? なんか復唱が微妙に違うけど、まいっか」

飛行機は管制官の指示に反し滑走路に入り待機。管制官はびっくり仰天。おい、ちょっと待て!・・・みたいな。

参照:管制の指示、似た英語と勘違い - 時事通信 6月27日(金)10時9分配信

飛行機

<問いかけ>今後、関西国際空港ではどのような再発防止策が取られるでしょうか。頭の体操だと思って、まずは自力で考えてみましょう。

|

« 報連相の効果的指導法 | Main | 相手方を「中国人」と呼ぶのは何となく失礼?(Y/N) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 報連相の効果的指導法 | Main | 相手方を「中国人」と呼ぶのは何となく失礼?(Y/N) »