« テストや品質の意識乖離(過去記事リスト) | Main | オフショア先の技術者が専門家志向になる可能性 »

中国人は金融系オフショア開発がお嫌い?

オフショア大學受講生との質疑応答より。
(Q. 受講生 A. オフショア大學講師)

Q.中国人SEは、汎用性に乏しい技術を嫌う傾向があると教えていただきました。講座では「固有技術に縛られる組込みソフトよりも、 Java + OSSによる Web開発が好まれる」と例を挙げていました。当社のオフショア開発は、地道にコツコツと業務知識を蓄積しなくてはいけない金融系アプリ開発です。中国人SEに嫌われるのではないでしょうか?

金融系オフショア開発

A.あえて二者択一するなら回答は「Yes」。ご質問の通り、金融系アプリ分野のオフショア開発は、中国人SEに嫌われる恐れがあります。ここでは、質問の範囲を、中国国内のシステム開発ではなく、対日オフショア開発における金融系アプリ開発に限定します。

もし本当に、金融系オフショア開発が中国人SEに嫌われるとしたら、それは以下の理由が考えられます。

・技術力より品質が大切だから
・先端技術より枯れた技術が好まれるから
・扱う業務知識は一朝一夕には身につかないから
・コーディングと同等かそれ以上に文書作成に手間がかかるから


■ 問いかけ

<問1>主張「金融系オフショア開発は中国人SEに嫌われる」が正しいと仮定します。最も説得力のある理由を、選択肢から1つ選びなさい。

Se


<問2>もし、本文の主張「金融系オフショア開発は中国人SEに嫌われる」が必ずしも正しくないなら、一体なぜでしょうか? 問1のアンケート設問を踏まえて分析しなさい。

|

« テストや品質の意識乖離(過去記事リスト) | Main | オフショア先の技術者が専門家志向になる可能性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« テストや品質の意識乖離(過去記事リスト) | Main | オフショア先の技術者が専門家志向になる可能性 »