« June 2014 | Main | August 2014 »

翻訳しにくい日本語文例

今日も、以下のクイズからスタートします。

【クイズ】一般に、下記命題は正しいですか?(真or偽)

中国人は欧米人と似ていて個人主義だから、仕事とprivate を分けなければいけない。ここでは、大卒以上の学歴を持つ中国人技術者に限定します。

真:一般に正しい
偽:一般に正しいとは限らない

結果を見る

締切:2014年08月04日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

              ※

【答】偽(純粋な論理学の観点より)

この命題の結論が正しいかどうかは不問とします。ここでは、あくまでも、純粋な論理学の観点から「偽」と判定します。

ある日本語の参考書では、上記命題が「偽」である根拠として、「論理思考の判断の根拠として用いられる一般原則(法則や習慣)が事実に対して適用されないから」と解説されていました。

              ※

さて、今日は「外国語に翻訳しにくい日本語」の観点から話を展開します。

先日、中国でも上記命題を用いた論理思考講座を実施しました。

私は、日本語で「論理思考の判断の根拠として用いられる一般原則が事実に対して適用されないから」と説明しました。すると、日本での滞在経験が豊富な中国人スタッフ(日本語能力N1)から、

「この説明は二種類の可能性があります。◯◯という意味ですか? それとも◯◯という意味ですか?」

と指摘を受けました。

私は、一瞬、論理思考の理解度が不十分なのではないかと疑いました。ところが、このスタッフの指摘によく耳を傾けると、どうやら私の日本語に原因があるのだと確信しました。

一般規律併不一定適用于所有的事実

■ 問いかけ

<問1>中国人技術者に対して、「論理思考の判断根拠として用いられる一般原則が事実に対して適用されないから」と日本語で説明したところ、彼らは一瞬戸惑いました。

なぜなら、この日本語をうまく中国語訳できなかったからです。具体的に、どの部分が中国語に直訳しづらかったのでしょうか。

例文「判断根拠となる一般原則が事実に対して適用されない」のどの部分が中国語訳しづらかったのか?

(a) 判断根拠となる
(b) 一般原則
(c) 事実
(d) 適用されない

[PR] 答えはオフショア開発実践セミナー(9月1日・2日)の「英語に翻訳しやすく外国人に伝わりやすい日本語」でも詳細解説します。

| | Comments (0)

【答】仕事とprivateを分けるべき?

まずは、昨日で出題したクイズに挑戦しましょう。

【クイズ】一般に、下記命題は正しいですか?(真or偽)

中国人は欧米人と似ていて個人主義だから、仕事とprivate を分けなければいけない。ここでは、大卒以上の学歴を持つ中国人技術者に限定します。

真:一般に正しい
偽:一般に正しいとは限らない
結果を見る

今日は、論理思考の観点から上記クイズを解説します。

(a) 一般に、仕事中の中国人技術者は、日本人と比べて個人主義的な言動が目立ちます。例えば、ソフトウェア開発では、コーディング規約に従わず自己流を貫く態度などが代表的。

(b) あくまでも一般論ですが、個人主義が徹底する欧米の職場では仕事とprivate を分ける習慣が根付いています。同様に、中国や東アジア諸国の職場でも、不要不急の残業は好まれません。個人の犠牲を前提とする滅私奉公も考えられません。


上記(a)(b)から導かれる結論=「以下の命題は真である」

 中国人は欧米人と似ていて個人主義だから、
 仕事とprivate を分けなければいけない


ところが、中国現地でのビジネス経験が豊富になるほど、上記命題は間違っているのではないかと疑うようになります。論理思考を使わずとも、ある種の直感的なひらめきで、それなりに正確な判断を下せるようになります。

例えば、中国ソフトウェア企業で従業員の誕生日を祝う勢いや、結婚・出産に関する贈答品が飛び交う頻度は、日本企業に勝るとも劣らないのが実態です。彼らは、仕事中であっても平然とprivate な話題で盛り上がります。

さらに、そもそも、中国人と欧米人の【個人主義―集団主義】特徴は全く似ていません。

よって、上記命題は「偽」が正解です。

■ 問いかけ

<問1>中国人ソフトウェア技術者が、仕事中にしばしば見せる個人主義的な言動の例をたくさん挙げなさい。


<問2>以下は、演繹的思考による論理展開の例です。なお、下記の原則と事実はそれぞれ「正しい」と仮定します。残念ながら、純粋な論理学だと、この論理展開は「間違い」です。どこが、どう間違っているのかを具体的に指摘しなさい。

・原則=個人主義の欧米人は仕事と Private を分けている
・事実=中国人の仕事の進め方は個人主義的だ
・結論=中国人も仕事と private を分けるべき

| | Comments (0)

仕事とprivateを分けるべき?

一般に、下記命題は正しいですか?(真or偽)

中国人は欧米人と似ていて個人主義だから、仕事とprivateを分けなければいけない。

※ここでの中国人は大卒以上の学歴を持つ「中国人技術者」に限定します。

真:一般に正しい
偽:一般に正しいとは限らない

結果を見る

締切:2014年08月04日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/


              ※

この設問は、私が中国人ソフトウェア技術者の論理思考を測る手段として数年前から重宝しています。設問にある「一般に」との条件が曲者です。いつものように、答えそのものよりも、答えを導いた論理展開がより重要です。


■ 問いかけ

<問1>中国人は欧米人と似ていて個人主義である。一般にこれは正しいか?(Y/N)

<問2>「◯◯人は個人主義だから、仕事とprivateを分けるべき」。この命題が論理的に成立するための暗黙の前提条件は何か? 

| | Comments (0)

現場で自主勉強が捗らない理由

伝統的な日本企業で社歴20年を誇る古き良き日本人管理者が、将来が有望視される中国オフショア委託先の現場リーダーに、以下の指示を出しました。

日本:今回の業務では不要ですが、将来の発注量拡大のために今のうちに◯◯に関する新技術を勉強しておいてください。

中国:はい、分かりました。頑張ります。

この二人には、目に見えない信頼関係がしっかり築かれています。ところが、実際には、中国オフショア拠点における新技術の勉強は、思ったほどはかどっていません。

■ 問いかけ

オフショア開発現場にて

日本人「将来のために自主勉強しておくように」
中国人「はい、頑張ります!」

ところが一向に自主勉強が捗りません。一体なぜでしょうか。一般に、最もよくある理由を1つ挙げなさい。


中国人リーダーの指導力が不足しているから
暗黙の了解として、サービス残業を強いられるから
日本語学習など他にやるべきことがあり忙しいから
自主勉強はキャリア向上につながらないとの認識だから

結果を見る

締切:2014年08月01日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

過去参考記事:
自主勉強がはかどらない理由
今は○○○だが将来は必ず○○○になる

| | Comments (0)

いきなり「データを更新しませんでした」の理由

日本向けオフショア開発分野で経験豊富な海外ソフトウェア企業とのプロジェクト進捗会議より。

日本「計画されていた先週の結合試験はどうでしたか?」
海外「データを更新しませんでした」
日本「なぜですか! データを更新しないと試験できないのでは?」
海外「(言い訳が並ぶ)」

日本側の担当者は、会話の途中から怒り出しました。なぜなら、ニ行目の「データを更新しませんでした」から、中国側に問題解決への努力が感じられないからです。

日本側担当の心境は以下の通りです。

・普通はもっと別の言い方があるでしょ!と憤慨
・というか、普通は先に謝るべきだ!とますます憤慨


■ 問いかけ

<問1>なぜ、海外オフショア先の担当者は、いきなり「データを更新しませんでした」と発言したのでしょうか。最もよくある理由を選択肢から1つ選びなさい。

技術不足、データ更新せずとも試験可能と誤解したから
「データ更新できなかった」と弁明したかったのを誤訳したから
ちょっとでも困難にぶち当たるとすぐに諦めてしまうから
残業強要に憤慨して意図的にデータ更新しなかったから

結果を見る

締切:2014年07月25日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/


過去参考記事:
危ない進捗報告「しなかった」と「できなかった」
言い訳、根拠のない情報を口走るって本当?

| | Comments (0)

外国人通訳活用で最も“あり得ない”トラブル

あなたは、初めてオフショア開発プロジェクトに挑戦します。明日は初めての仕様説明です。オフショア委託先の外国人通訳を活用する際、最もあり得ないトラブルはどれか? 

あなたのご意見に最も近い選択肢を下記から1つ選んでクリックしなさい。クリック1発でアンケート回答できます。個人情報は一切不要。

日本語を直訳せず、理解できる範囲のみを意訳
日本語学科出身なので専門的会話を訳せない
日本語を流暢に話す通訳はマネジメントもOKと誤解
日本側が通訳のみと会話するため現場と信頼関係が築けない

結果を見る

締切:2014年07月21日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

■ 問いかけ

<問1>大勢の外国人メンバを相手に仕様伝達する会議で、突然、外国語(中国語・ベトナム語・英語)による質疑応答が盛り上がりました。あなたは、その内容を全く理解できません。ですが、議論の対象が当該プロジェクトの最重要ポイントであることは明白です。あなたなら、この場面でどう対応しますか?


●過去参考記事

TV会議中に突然、現地語で内輪もめ?
中国語の内部議論が白熱したら話題が本筋からそれた
仕様会議で外国語による質疑応答が盛り上がったらどうする
外国人にも通じやすい背景説明
最初に警告しましたよ。仕様確認を怠った受託側が悪い

| | Comments (0)

自分の責任(Responsibility)を果たしたか?

以下は、緊急、かつ、複数の短期対応が同時並行するオフショア保守でありがちな状況です。この事例を読んで、後の設問に答えなさい。


日本:来週月曜までに障害修正してください。お客様が困っています。

中国:分かりました。間にあわせます。

→日曜日の夕方18時頃、中国から納品物がメールされた。翌朝日本側の受け入れ担当者が納品物一式を確認したところ、障害対応レポートの半分が中国語で書かれています。契約では、ドキュメントは全て「日本語」で書くことになっています。


日本:障害対応レポートの半分が中国語になっています。これではお客様に提供できません。すぐに直してください。

中国:日本側の要求に従い、中国では月曜の試験までにプログラムを完成させて、テストも完璧にしました。ドキュメントについては弊社の他部署の通訳を土日出勤してもらって緊急に翻訳してもらったものです。機能回復を優先して中国ではプログラム作成を急ぎましたので、日本側でドキュメントを修正することは、いいですか?


日本:中国は自分の責任を放棄して、日本に仕事を押し付けるつもりですか?

中国:中国は障害対応と同時に依頼された(別件の)仕様変更に対応するために、これまで残業して今日の納品に間に合わせました。中国でドキュメント修正するなら、後一週間は必要です。本日中のドキュメント修正は不可能です。


<問1>この事例において、中国側は自分の責任(Responsibility)を果たしたか?(Y/N)

Yes
No
状況依存するためYes/Noは不明
その他

結果を見る

締切:2014年07月18日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

<問2>上記事例の衝突のいくつかは、日本国内の日本語でなされる日本人同士の保守プロジェクトでも発生します。一方で、いかにも「オフショア固有」や「中国固有」が現象もあります。上記事例から、いかにもオフショア固有、または、中国固有を現象を抽出しなさい。

| | Comments (0)

日本都合による緊急事態にミャンマー人は残業対応するか

久しぶりにミャンマーの話題をお届けします。


日本人の残業癖は、設立間もないヤンゴンの日系オフショア企業でさえも広く知られています。ミャンマー人技術者向け社内講義で、私が苦笑いしながら、以下の日本的商習慣を紹介しました。


日「皆さんご存知の通り、日本人は残業が大好きですね」
緬「(一斉に笑い)」

日「日本人が残業するのは、なぜですか?」
緬「ストレス解消ですか?」
日「いいえ違います。最もよくある理由は、他の人が残業しているからです。自分が暇でも、他の人が忙しく残業していたら、一緒に会社に居残る可能性があります。ミャンマー人のみなさんには全く理解できない行動でしょう」

緬「残業ばかりすると、家族は大変だと思いますが?」
日「大変よい質問です。もちろん、家族は大事ですが、家庭と同等かそれ以上に職場で責任を果たすことを優先します。皆さんの親会社のような大企業に務める日本人にとって、会社の仲間はもうひとつの家族のような存在です。よって、会社に居残ることに、さほど抵抗感はありません。やはり、皆さんには理解し難い発想ですね」

緬「新婚さんは? 家に残された配偶者はかわいそうです」
日「会社の規模や年齢によって考え方に差があります。最近の日本の若者は、どちらかと言えばミャンマー人の皆さんと近い感覚を持っています。前出するように、大企業に務める年配の男性従業員は、家庭を顧みず会社に命を捧げる傾向が強いと思います」

緬「日本は離婚が多いと聞いていますが、本当ですか?」
日「・・・(笑)」

ビルマ語の数字

■ 問いかけ

今日もオフショア開発で「あるある」四択問題を出題します。


<問1>オフショア開発プロジェクトにて日本都合による緊急事態が発生した際、ミャンマー人技術者は好んで休日出勤し、残業対応しますか?(Y/N)

あなたのご意見に最も近い選択肢を下記から1つ選んでクリックしなさい。クリック1発でアンケート回答できます。個人情報は一切不要。

Yes: わりと素直に休日出勤を含めて残業対応する
Yes: いやいやながら残業対応には応じる
No: 土日出勤は相当嫌がるが、平日残業には応じる
No: 土日出勤は断固拒否、平日残業にはしぶしぶ応じる
Yes/No不明。雰囲気やノリで決まる
その他

結果を見る

締切:2014年07月17日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

| | Comments (0)

短期出張の外国人技術者は通勤地獄に耐えられるか?

今日もオフショア開発で「あるある」四択問題を出題します。

満員電車

<問1>オフショア委託先から現地リーダーを日本に招聘して、一時的に客先常駐してもらうことなりました。会社が用意したウィークリーマンションから客先までの電車を乗り継ぐ通勤時間は、およそ1時間半。朝夕の通勤ラッシュは避けられません。以下の選択肢から、最も適切な主張を1つ選びなさい。

一般に、中国人の方がベトナム人より通勤地獄に耐えられる
一般に、ベトナム人の方が中国人より通勤地獄に耐えられる
通勤地獄への耐性は、中国人とベトナム人はほぼ同程度
ほとんどの外国人技術者は通勤地獄には耐えられない
その他

結果を見る
コメントボード

締切:2014年07月14日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/


■ 問いかけ

<問2>日本の生活に馴染めない中国人出張者(3ヶ月滞在予定、独身女性、ウィークリーマンション宿泊)をケアする方法を具体的に述べなさい。もし可能なら、あなたの周囲にいる実在の人物を想定して答えなさい。

もちろん、問1アンケート結果と問2の答えは、来週の第49回オフショア開発勉強会にて発表します。お楽しみに!


参考記事:

新型インフルエンザ対策のマスクをさりげなく差し入れ
初来日・短期出張者に好まれる無難な近場スポット
留学生を特別扱いしない制度は本当に公平ですか?

| | Comments (1)

「石の上にも三年」が嫌われる理由

今日もオフショア開発で「あるある」四択問題を出題します。

一般に、オフショア委託先の外国人技術者は、「石の上にも三年」に表現されるようなコツコツ地道に経験を重ねる丁稚奉公的なキャリア観を嫌います。最も不適当な理由を選びなさい。

転職するたびに給与アップするから
同じ仕事を長年続ける技術者は周囲から無能扱いされるから
職務経歴書が長ければ長いほど優秀な技術者だと評価されるから
日本人と比べて外国人技術者は組織への忠誠心が低いから

結果を見る
コメントボード

締切:2014年07月12日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/


外国人技術者の人材流動やキャリア観に関する参考情報を列挙します。お時間のある方は、過去記事をご覧ください。

「キャリア機会の追求」に隠された本音
人材流動の激しい中国メンバーと信頼関係を築く法
人材流動が激しい中国でITリテラシ教育は有効か?
「お金」が最大の理由で転職
旧正月に仕事させる
春節明けの人材流出リスク

| | Comments (2)

TV会議中に突然、現地語で内輪もめ?

今日もオフショア開発で「あるある」四択問題を出題します。

喧嘩

オフショア委託先とのTV会議で、日本側からやや複雑な設計指針について説明していると、いきなり先方で現地語による内輪もめが始まりました。

日本人担当者は相手が話す内容は理解できませんが、どうやら説明する設計指針に関して不明点があるようです。

耳をすませると、日本語が苦手な若手技術者ら中心となって、やや喧嘩腰に討論しているように感じられます。

■ 問いかけ

<問1>上記の状況において、説明する日本人担当者にとって最も適切な対応を選択肢から1つ選びなさい。

まずは喧嘩の仲裁に入り、互いの言い分によく耳を傾けてから、衝突を解消する助言を与える

複雑な設計指針が理解できていないとの前提で、彼らの討論を一旦やめてもらい、落ち着いて再説明する

不明な点は後から文書で質疑応答する宣告し、とりあえず次の説明に移る

彼らの気が済むまで、しばらく放置する

その他

結果を見る
コメントボード

締切:2014年07月11日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

※正解は再来週のオフショア開発勉強会にて発表します。

| | Comments (2)

相手方を「中国人」と呼ぶのは何となく失礼?(Y/N)

中国オフショア開発projectで、発注企業の日本人担当者は、ある「文化の壁」が原因となるトラブルに巻き込まれて、嫌な思いをしました。

普段は「国民文化はproject運営に関係ない」と言い張るこの日本人担当者ですが、今回ばかりは、日中の文化の違いを痛切しました。

・・・何はともあれ、このトラブルは無事に収束しました。

トラブル解決後の「振り返り会」にて、この日本人担当者は普段は意図的に避けている「国民文化の違い」について言及しました。

この際、日本人担当者は、無意識のうちに、自らを「日本人」と称します。ところが、相手側を「中国人」と呼ぶと、何となく失礼ではないか感じました。

そこで、相手側をできるだけ「中国の人」や「中国の方々」と言うように気を使いました。


※参考:国名を連呼し他国を見下す日本人

太極拳

■ 問いかけ

<問1>対日業務で実績のある中国企業(日系企業など)で働く従業員との会話で、相手方を「中国人」と呼ぶのは何となく失礼である。同意しますか?(Y/N)

Yes:「中国の人」や「中国の方々」と呼ぶほうが望ましい
Yes:「地域名+人」で言い換える方が望ましい
Yes: 人種・国籍・地域を特定しない方が望ましい
No: 思い過ごしである
その他

結果を見る
コメントボード

締切:2014年07月09日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

| | Comments (2)

« June 2014 | Main | August 2014 »