« 日本都合による緊急事態にミャンマー人は残業対応するか | Main | 外国人通訳活用で最も“あり得ない”トラブル »

自分の責任(Responsibility)を果たしたか?

以下は、緊急、かつ、複数の短期対応が同時並行するオフショア保守でありがちな状況です。この事例を読んで、後の設問に答えなさい。


日本:来週月曜までに障害修正してください。お客様が困っています。

中国:分かりました。間にあわせます。

→日曜日の夕方18時頃、中国から納品物がメールされた。翌朝日本側の受け入れ担当者が納品物一式を確認したところ、障害対応レポートの半分が中国語で書かれています。契約では、ドキュメントは全て「日本語」で書くことになっています。


日本:障害対応レポートの半分が中国語になっています。これではお客様に提供できません。すぐに直してください。

中国:日本側の要求に従い、中国では月曜の試験までにプログラムを完成させて、テストも完璧にしました。ドキュメントについては弊社の他部署の通訳を土日出勤してもらって緊急に翻訳してもらったものです。機能回復を優先して中国ではプログラム作成を急ぎましたので、日本側でドキュメントを修正することは、いいですか?


日本:中国は自分の責任を放棄して、日本に仕事を押し付けるつもりですか?

中国:中国は障害対応と同時に依頼された(別件の)仕様変更に対応するために、これまで残業して今日の納品に間に合わせました。中国でドキュメント修正するなら、後一週間は必要です。本日中のドキュメント修正は不可能です。


<問1>この事例において、中国側は自分の責任(Responsibility)を果たしたか?(Y/N)

Yes
No
状況依存するためYes/Noは不明
その他

結果を見る

締切:2014年07月18日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

<問2>上記事例の衝突のいくつかは、日本国内の日本語でなされる日本人同士の保守プロジェクトでも発生します。一方で、いかにも「オフショア固有」や「中国固有」が現象もあります。上記事例から、いかにもオフショア固有、または、中国固有を現象を抽出しなさい。

|

« 日本都合による緊急事態にミャンマー人は残業対応するか | Main | 外国人通訳活用で最も“あり得ない”トラブル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本都合による緊急事態にミャンマー人は残業対応するか | Main | 外国人通訳活用で最も“あり得ない”トラブル »