« 社長肝いりのベンダー選定だがブリッジSEが使えない | Main | .オフショア委託先で働く女性の立場 »

2014年、中国オフショア開発の平均単価

最近、オフショア大學に寄せられた質問より。


【問】中国にオフショア開発を依頼する場合、一人当たりの平均単価はいくらくらいでしょうか。また、プロジェクトメンバーを選ぶ際、どのような点に注意すればよいでしょうか。


【答】一口に中国オフショア開発といっても、沿海部と内陸部とでは大きな格差がみられます。さらに、沿海部の都市によっても、単金は異なります。

オフショア大學講師によると、人月単価は主要都市だけでも 25~45万円/人月とばらつくそうです。

さらに、依頼する企業の規模によっても単金は異なります。

継続発注を前提とした初回「お試しプロジェクト」なら、低い単金でエース級の人材が投入される傾向があります。当然ながら、顧客満足度は高まります。


※参考過去記事「成功しやすいオフショア開発の状況とは?

(a) 会社として初取引、初めての単発請負契約
(b) パイロット案件が大成功した後の大規模な請負契約
(c) ブリッジSEが四六時中、現地と現地語でSkype通話
(d) 現地で仕様説明したのでコーディング着手までQ&Aなし

※参考データ(外部)
オフショア開発単価の一覧(オフショア開発.com 殿)


■ 問いかけ

<問1>初めて中国オフショア開発に挑戦するあなたがプロジェクトメンバーを選ぶ際、どのような点に注意すればよいでしょうか。


<問2>あなたの会社は初めて中国オフショア開発に挑戦します。まず、複数の候補ベンダーから、実際の発注先を1つ選びます。ベンダー選定に際して、どのような点に注意すればよいでしょうか。

|

« 社長肝いりのベンダー選定だがブリッジSEが使えない | Main | .オフショア委託先で働く女性の立場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 社長肝いりのベンダー選定だがブリッジSEが使えない | Main | .オフショア委託先で働く女性の立場 »