« 自分流コーディングのまとめ | Main | 誰が議事録を書くべきか »

インドオフショア開発まとめ

今日は、自分用の備忘録としたまとめた参考情報一覧を紹介します。

●インド

毎年この時期、多くのインド企業は、ヒンドゥー教の新年のお祝いであるDiwali(ディワリ)で小休止します。インドでは、年間で唯一ともいえる長期休暇です。インド暦による休暇のため、太陽暦では毎年 Diwali の休暇期間が変化します。

オフショア大學に寄せられた事例を1つ紹介します。

インドが Diwali休暇に入ると、遠地から都市部に来ているエンジニアが故郷に帰省します。休暇中の緊急対応は極めて困難です。本日、緊急のQ&Aが発生しました。そこで、日本側担当の私は、インドのプロジェクトリーダーに携帯で連絡を取りました。ところが、彼は、既にオフィスから 1,500 km も離れた実家に帰省していました。36時間以上もかけバス移動したとのこと。結局、緊急対応は、休暇明けにずれ込んでしまいました。

オフショア大學には、昨年あたりから中国プラスワン戦略に関する問い合わせが増えています。そして、今年は、オフショア大學でも、インドオフショア開発研修や英語交流指導が始まりました。

以下、参考までに、インドに関する過去記事を紹介します。


紙出力の習慣がないインドでは、エクセル印刷時の考慮なし
インド開発現場には、電子データに印刷設定をするという習慣もない。またエクセル等を印刷した際のことを考慮し、罫線を引くということもあまりしない。


印刷設定への配慮は過剰サービスか?
あなたの周囲を見回して、紙資料を確認してください。無駄に印刷されたMS-Office などの資料はありませんか。たまに、電子データの印刷設定を無駄と思うことはありませんか。ペーパーレス化について、日本はオフショア拠点に学ぶべきだと思いますか?
(アンケート結果あり)


インドオフショア開発、日本側のみ稼動する時間帯の使い方(1)
インドオフショア開発、日本側のみ稼動する時間帯の使い方(2)
インドと日本の間には3時間半の時差があります。日本時間13時頃にインド側の始業時刻となり、日本時間22時頃にインド側は終業時刻を迎えます。インドオフショア開発では、一日の稼働時間を大きく3つに分類します。
(1) 日本側のみ稼動する時間帯
(2) 日本側/インド側、両拠点が稼動する時間帯
(3) インド側のみ稼動する時間帯


これはバグですか? いいえ、仕様変更です
日本人技術者は、担当外のモジュールで不具合が発生すると、「担当者の責任追及」よりも即対応を優先します。一方、インド人技術者は、常に仕様書と乖離がないか調べます。日本人技術者同士でありがちな「そういった意味にもとれますね」と言った会話もなし。


インド「お客様は神様ではない」
発注者側の曖昧な設計書が原因で問題が発生すれば、急な無理な対応を強いるのは困難を極めます。日本企業(受注先)であれば、お客様の為にと無理な徹夜対応等に応じる技術者もいるでしょう。しかし、インドでは違います。なぜならば、契約に沿っていないからです。(読者コメント欄が面白い)


インドTips、チームメンバーの誕生日覚えていますか?
インド開発現場では、エンジニアは少なくともチームメンバーの誕生日は覚えています。インドIT企業では社員誕生日をリストとして掲示している企業も多いです。誕生日にはチームメンバー全員で祝いあいます。また、誕生日には自分からレストランで誕生日食事会を企画して、費用も自分で払うのが一般的です。


インド時間帯にあわせた挨拶で高感度アップ
インドと日本には3時間半の時差があるため、例えば日本時間午後1時から始まる会議は、インド時間午前9時半に相当します。そこで「こんにちは」の代わりに「おはようございます」もしくは「Good morning. How are you?」と声をかけます。ヒンディー語で「Namaste」とすると好印象です。「Namaste」は朝昼晩いつでも使えるのでとっても便利です。


Something to drink? → No need は間違いか?
インド英語の特徴は以下の通りです。
英米人向け教科書的な英文法の正確性を気にしない、インド人独特の発音やイントネーション、現地文化や母語の影響を受けてカスタマイズされた英語表現など。
・冠詞を厳密に使い分けない(a/an, theの使い方)
・3単現のsを気にせず省略/蛇足的に付与
・/r/の発音
・/p/の発音
・/th/の発音
・today morning / What is [your] good name?(ヒンディー影響)


インド人の会話が白熱すると英語から母語に切り替わる
私の経験では、インド開発拠点の内部関係者だけで閉じられた空間では、さほど英語は使用されません。基本的に、母語で会話するようです。インド人技術者にとって、英語は仕事の言葉なのです。英語は、決して彼らの母語ではありません。


インドの長期休暇“Diwali”のリスク対策
インド側では年間休日が少ない為、実働日数が日本より多い。日本側がゴールデンウィーク、年末年始、盆休暇等長期休暇の際にも、インド側は稼動している。


お祭り期間中は散髪しないインド人技術者への対応
3ヵ月間の予定で初来日したインド人技術者と一緒に開発を進めています。7月下旬から8月下旬にかけて、ヒンズー教のお祭り Shravan Month がやってきます。この期間、一部のインド人は散髪を避けるそうです。私は、お祭り期間に入る直前の休日に、慌ててインド人技術者の仲間を理容店へ案内しました。


インド・カースト身分制がトラブル再発防止の妨げとなる
サッカー日本代表とインド代表との試合中、突然ピッチに犬が乱入。ここまでは笑い話ですが、興味深かったのはその後。警備員が犬を追い払う様子がまるでなし(トラブル沈静化の意図なし?)。数分後に同じ犬が再びピッチに乱入(再発防止の意図なし?)。


事前に休暇申請してくれたらいいのに
「休暇をとる」ということに対する認識も大きく違いを感じ、日本であれば十分な時間を空けて前もって申請し、周囲に伝えておくことが普通ですが、インドでは1週間前に申請していればいいほうで、当日にいきなり「消えている」こともたまにあるほどです。


インドITは技術力をアピールするも顧客の心に届かず
インドIT企業は、技術力のアピールは得意ですが、プロジェクト管理やセキュリティ対策、運用については殆ど言及しません。出来て当然だと思っているからです。――中国ベンダとは対照的な営業スタイルですね。


インドIT技術者は日本語を学ぶ意欲に欠けるか?
2006年、インドの日本語能力検定試験の受験者数は5,368人。人口が10分の1以下のベトナムよりも、受験者数は少ない。インド人技術者に難しい日本語をきちんと理解させる努力よりも、日本人が英語でコミュニケーションするように努力する方が効率的ではないでしょうか。それは、意識の問題ではなく、語学学習の費用対効果で判断すべきです。


インド人相手に必要な英語力
2年以上日本で日本語を使い仕事をしたインド人エンジニアとも、日本語で話すより、英語で会話するほうがお互いしっくり来る。英語はお互いネイティブ言語ではないと言う所がポイントではないか。


概算予算確保のための「どんぶり勘定」
――要件定義は今実施しているのですが、スケジュールが決定しており、至急体制を組みたいので先ずは概算予算確保の為、ざっくり見積ってください。
インド:リスクが大きい為、現時点では見積もりはできません。
――日本IT開発ベンダーなら1週間で見積るよ。そんなことではオフショアは検討できません。
インド:・・・・・・(沈黙)

※情報提供:向井永浩(2008)


■ 問いかけ

<問1>紙出力の習慣がないインドでは、日本側に提出するエクセルファイルに印刷設定する発想は乏しいと言われます。同様に、エクセスシートに罫線を引いて、表としてきれいに印刷される配慮もありません。

紙出力を考慮しないインド側の商習慣がもたらす困った事象の例を1つ挙げなさい。


<問2>インドと日本の休日の違いがもたらすメリットとデメリットをそれぞれ列挙しなさい。

|

« 自分流コーディングのまとめ | Main | 誰が議事録を書くべきか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 自分流コーディングのまとめ | Main | 誰が議事録を書くべきか »