« October 2014 | Main | December 2014 »

【事例】炎上プロジェクト現場聞き取り調査の留意点

親会社の強い意向により、去年から我が社でも中国オフショア開発を始めました。我が社の業務は、ほとんど親会社から委託されたシステム開発と保守運用です。

これまで、我が社は、国内協力会社への「持ち帰り」発注ですらほとんど経験したことがありません。いわゆる、親会社に依存する典型的なシステム子会社です。よって、現場はかなり混乱しています。

言葉の壁を克服するために、最近、親会社からの紹介で中国人ブリッジSE(34歳・男性)を1名、派遣してもらいました。現在、彼は当社の日本人に混じって、働いています。

ところが、派遣された中国人ブリッジSEのエリート意識の高さが災いして、オフショア委託先の中国人技術者らと仲間割れを起こしました。

オフショア開発に不慣れな日本側は、自社に常駐する日本語が堪能なブリッジSEの意見にのみ耳を傾けたため、現場はさらに混乱しました。


■ 問いかけ

<問1>あなたは、当プロジェクトにリカバリ応援要員として緊急投入されることになりました。期間限定で、できるだけ工数をかけずに、混乱するプロジェクトを沈静化させる役目が期待されます。

あなたは、最初の現場聞き取り調査に挑むにあたり、どのような点に注意しますか。以下の選択肢から、あなたの考えに近い意見を1つ選びなさい。

開発プロセスや各種規約の不十分さを疑う
日本常駐するブリッジSEの力量不足を疑う
中国側リーダー/マネジメントの力量不足を疑う
親会社と子会社の関係不備、ガバナンス欠如を疑う

結果を見る

締切:2014年12月04日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

| | Comments (1)

誰が議事録を書くべきか

ある請負契約によるオフショア開発プロジェクトでは、毎週定例のテレビ会議が開催されます。会議参加者は次の通りです。顧客企業の日本人リーダー、元請け企業の日本人プロジェクトマネージャ、日本に駐在する外国人ブリッジSE、そして、再委託先のオフショア拠点の外国人リーダーです。この会議では、誰が議事録を書くべきでしょうか。

外国人ブリッジSE
オフショア拠点リーダー
顧客企業の日本人リーダー
元請け企業の日本人プロジェクトマネージャ
その他

結果を見る
コメントボード

締切:2014年11月14日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

出典:オフショアプロジェクトマネジメント【PM編】、p156

| | Comments (0)

« October 2014 | Main | December 2014 »