« 上司に『ノー』と言えない、論争もダメ | Main | This is what? を気軽に使ってもよいか? »

自動翻訳で誤訳しがちな文章例(ベトナム語)

ベトナム語の動詞には「活用」がありません。ということは、日本語や英語とは異なり、ベトナム語の動詞には時制がありません。この言語的特徴から、ベトナム人は日本語で「完了/未完了/着手済/未着手」を厳密に区別する報連相が苦手だと推測しています。

ちなみに、この言語的特徴は中国語も同様です [1]


ところが、ベトナム語文法を少し詳しく調べると、意外にも、完了/未完了/未然など動作の状態(相・aspect)を表現する時制詞が豊富にあることがわかります。

もしかしたら、上記の仮説は間違っているかもしれません。

そこで、少しデキの悪い Google翻訳 を使って、私の仮説が正しいかどうかを検証してみました。すると、次のような結果になりました。


・仮説検証実験の方法

日本語が苦手なベトナム人には区別しにくいと思われる二つの簡単な文章を選んで、Google翻訳 にベトナム語訳させる。


・文章例

(1)「私は本を読みます」と「私は本を読みました」
  現在形と過去形、つまり時制を区別できるかどうかを実験

(2)「あなたは結婚しますか?」と「あなたは結婚していますか?」
  意志と状態の違い(相)を区別できるかどうかを実験


・実験結果

(1)「私は本を読みます」と「私は本を読みました」
 →どちらも同じ文章に自動翻訳された

(2)「あなたは結婚しますか?」と「あなたは結婚していますか?」
 →どちらも同じ文章に自動翻訳された

Photo_4


・考察

日本語が得意な通訳/ブリッジSEなら、上記のような単純ミスを犯すはずがない。だが、日本語が苦手なベトナム人技術者の一部は、進捗報告で思わず上記のように誤訳する恐れがあるのではないか。

ちなみに、参考過去記事 [1][2] で紹介するように、日本語が苦手な中国人も、進捗報告で単純だけど致命的な誤訳をしがちであることがオフショア大學の調べで分かっている。

■ 問いかけ

<問1>Google翻訳(精度完璧とはいえない機械翻訳)が誤訳をしがちな文章は、日本語が苦手な外国人技術者だって同様に誤訳しがちである。あなたは、この推論に同意しますか?(Y/N)


<問2>上記実験で用いた2組の日本語文章を、Google翻訳で中国語に自動翻訳して、結果を分析しなさい。
Photo_5


<問3>上記実験で用いた2組の日本語文章の他にも、Google翻訳がうまくベトナム語訳できない文章を作成しなさい。

(1)「私は本を読みます」と「私は本を読みました」
(2)「あなたは結婚しますか?」と「あなたは結婚していますか?」
(3) ...
(4) ...
(5) ...


※参考過去記事
[1] いきなり「データを更新しませんでした」の理由
[2] 「今日終わります」は既に完了済み

|

« 上司に『ノー』と言えない、論争もダメ | Main | This is what? を気軽に使ってもよいか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 上司に『ノー』と言えない、論争もダメ | Main | This is what? を気軽に使ってもよいか? »