« アジア4カ国の上司像と働き方に関する調査 | Main | インド人から1行のそっけない返信メールのみ »

思わず口にする失礼な表現

今週は、オフショア大學イベントが目白押しです。火曜日と水曜日は東京都内にて非公開セミナー、木曜日は新横浜で公開セミナー、金曜日は東京都内で非公開ミーティングです。

ここ1-2年、中国オフショア開発に特化した話題はかなり減って、その代わりにベトナムを筆頭とするASEAN諸国、および、インドへの関心が高まっています。

企業内研修では、相変わらず異文化コミュニケーション、文書作成とQ&A、グローバル人材育成、品質管理に関する教育コンテンツが大人気です。

去年から「英語に自動翻訳しやすい日本語文章術」に関する需要が急速に高まりました。2013年に着手したオフショア大學版 Global English 研究の成果が徐々に形になってきたからです。

教育コンテンツ「英語に自動翻訳しやすい日本語文章術」のポイントは3つあります。

・受講者の「英語嫌い」「英語は苦手」を大前提とする
・例文や事例はすべてオフショア開発に関連する
・英語学習ではなく、英語の構造や癖を論理的に学習する
(英語が使えるようになるための訓練は嫌いだから・・・)


社内研修で上記学習を繰り返すうちに、一定の割合で英語コミュニケーションに挑戦しようとする技術者が現れます。私たちは、以下のような頭の体操からはじめて、日本人技術者が持つ英語の苦手意識を徐々に和らげていきます。


<外国人と接したとき、日本語が思わず口にする失礼な表現>

(1) ご理解いただけましたか? (複雑な仕様を説明した後に) 

× Can you understand?
△ Do you understand? (△ですが、ほぼ不正解)


(2) お忙しい中大変お手数ですが、再度ご確認いただけますか?(丁寧に依頼したつもり)

×ブリッジSEや通訳を介してオフショア先には “Please check it over for mistakes.” のみが伝達される


(3) 遠慮気味に「もう結構です」
(満腹時に中国人からさらに上海蟹を勧められて) 

× No thank you.
×「不要」や「我不吃」


■ 問いかけ

<問1>上記 (1)「ご理解いただけましたか?」の適切な英語訳をいくつか挙げなさい。


<問2>上記 (2)「お忙しい中大変お手数ですが、再度ご確認いただけますか?」の丁寧さが海外オフショア先に誤解なく伝わるよう、別の言い方に置き換えなさい(日本語OK)。


<問3>上記 (3) 遠慮気味に「もう結構です」 を伝えたいときに、反射的に“No thank you”と言ってしまいがちですが、相手に不快感を与えるリスクを分析しなさい。

|

« アジア4カ国の上司像と働き方に関する調査 | Main | インド人から1行のそっけない返信メールのみ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アジア4カ国の上司像と働き方に関する調査 | Main | インド人から1行のそっけない返信メールのみ »