« 「週末は家族サービス」に違和感 | Main | 【中国編】オフショア開発実践セミナー(2015年7月14日) »

一流企業「わが社の中国人社員」ちょっとヘン!

ネットで見かけた現代ビジネスの記事より。

一流企業「わが社の中国人社員」ちょっとヘン!(2015/7/2)


・三菱東京UFJフィナンシャルグループにて

部下の中国人社員に『手が空いたら、この資料のコピー取っておい て』と頼んだときのことです。その社員は『はい、わかりました』と、そのときは素直に返事をしました。しかし、いつまでたっても持ってこない。いよいよしびれを切らして『早くしてくれ』と催促すると、『手が空いたらって言ったじゃないですか。ワタシいま忙しいので無理です』と返されました。


・富士通にて

中国人の部下に『取引先の作りたがっているアプリケーションがどんなものか聞いて、相談に乗ってあげて』と頼んだとき。『ワタシは技術職です。それは営業の仕事でしょう? ワタシが出向く理由を明確に説明してください』と注文されました。


・大手証券会社にて

ある日、取引先との商談に中国人部下を同行させました。たまたま昼時で、先方が弁当を用意してくれていました。当然、コンビニのものではなく、弁当屋の幕の内弁当でした。しかし食をきわめて重視する中国では、『冷たいものは食べない』という文化があるらしく、部下の中国人はまったく手を付けない。それどころか会議室から出て、外に食事を取りに行ってしまいました。取引先も怒るというよりは、苦笑いをしていました。


・三井物産にて

『この仕事は中国のためにならない』とよく口にするようになりました。以前は真面目だったのに、会議中に突然、それまでの話を混ぜっ返すことも増えてきた。それだけに、十分なデータを収集し終え、そろそろ中国へ帰る準備を整えているのでは、と社内では『スパイ疑惑』が噂されています。


・日本生命にて

優秀な中国人社員(男性)なのですが、社員同士の飲み会には滅多に来ません。『その飲み会は何のメリットがあるんですか』と、たとえ先輩に誘われても断る。最近は断り方も雑で、『家でコメを炊いてしまったので』とか『自転車の修理に行くから』とか、関係ないだろとツッコミたくなるものばかりです。
ところが、上司が声をかければ、飲み会にも来ます。上司が帰ったら即、彼も帰りますが。あるとき、年賀状やお中元の文化を教えたら、すごく喜んでいました。以来、上司にはこまめに贈っているみたいです。


・パナソニックグループにて

文化の違いは十分に考慮しているつもりでしたが、ついやってしまった。他の社員がいる前で、中国人部下を叱責してしまったんです。
・・・


この記事は、以下で締められました。

中国人に「郷に入っては郷に従え」という発想はない。彼らと上手く付き合っていくには、「日本人と同じものを求めてはいけない」と心に叩き込んでおく必要がある。


■ 問いかけ

<問1>上記パナソニックグループの「他の社員がいる前で、中国人部下を叱責してしまった」件、この後の展開を予想しなさい。


<問2>上記富士通の「ワタシは技術職です。それは営業の仕事でしょう? ワタシが出向く理由を明確に説明してください」の件、この対応は中国人技術者にありがちな態度ですか?(Y/N)


<問3>上記大手証券会社の、取引先が用意した(冷めた)弁当に手を付けず一人だけ外食した件、この対応は日本で働く中国人技術者にもありがちな態度ですか?(Y/N)


<問4>一連の事例から得られる教訓をまとめなさい。


教訓の詳細はこちらで発表します。第52回オフショア開発勉強会の特別優待案内です。

|

« 「週末は家族サービス」に違和感 | Main | 【中国編】オフショア開発実践セミナー(2015年7月14日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「週末は家族サービス」に違和感 | Main | 【中国編】オフショア開発実践セミナー(2015年7月14日) »