« 幅広く情報収集するには | Main | ベトナムのQA人材が定着しない »

パイロット組織でありがちな失敗

オフショア大學受講生との質疑応答より。
(Q. 受講生 A. オフショア大學講師)


Q.当社は今年になってようやくオフショア開発に着手しました。発注先は中国です。これから受け入れが始まるところなので、まだ深刻な問題は発生していません。転ばぬ先の杖となるような失敗例や助言などがあれば教えてください。


A.正直、驚きました。この時期、はじめてのオフショア発注先が「中国」なのは珍しいと思います。2015年夏、未だにこのような相談がオフショア大學に届きますが、多くは中国以外の地域が対象です。特にベトナムへの発注が目立ちます。

オフショア開発に着手したばかりのパイロット組織で特に留意してほしい失敗パターンを以下にまとめます。

・初回の試行プロジェクトは成功するも二回目は大失敗

・日本側の過剰サービスで現場が疲弊気味 「ここまで詳しく書くなら自分でコーディングしたほうが早い」

・オフショア先が不慣れな仕事だと的はずれな見積もりがなされる

・小規模ラボ契約による一過性の成功状態

・一部費用をプロジェクト予算外で処理して数字のつじつま合わせ

・オフショア先ですぐに人が入れ替わるため今以上に成長しない

・日本側でオフショア推進するトップが交替した途端に国内回帰


■ 問いかけ

<問1>本来ならプロジェクト予算に含めるべき工数なのに、そうすると「赤字プロジェクト」となってしまうため、わざと一部経費をプロジェクト外で処理することがあります。

特に、オフショア開発をはじめたばかりのパイロット組織では、成功体験を欲しがるあまりプロジェクト予算管理を粉飾しがちです。

では、オフショア発注前提で準備中のパイロット組織で、仕様&設計レビュー工程からオフショア先キーパーソンに参画してもらいました。正式契約前の仕様レビューの工数を、いったい誰が負担すべきでしょうか。

|

« 幅広く情報収集するには | Main | ベトナムのQA人材が定着しない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 幅広く情報収集するには | Main | ベトナムのQA人材が定着しない »