« 中国・ベトナム以外の選択肢 | Main | 政治と宗教の話はタブー? »

日本語のN◯って何?

オフショア大學受講生との質疑応答より。
(Q. 受講生 A. オフショア大學講師)


Q.講義中に出てきた「N2,N3」とはどのようなことを言うのですか。恐らく、日本語レベルのことだと理解しましたが、各レベルの定義はどのように分けられているのでしょうか。


A.ご指摘の通り、講義中に出てきた「N2,N3」は、日本語のレベルを示します。一番やさしいレベルが N5、一番むずかしいレベルが N1 です。正確な情報は、日本語能力試験の公式サイトをご覧ください。

日本語能力試験
http://www.jlpt.jp/


今から10年前、将来を期待される若い中国人技術者が N3 相当の日本語力を有していれば、社内選抜を経て日本研修の機会を得ることは珍しくありませんでした。受け入れ側の日本企業も、N3相当の中国人を歓迎したものです。

ところが、現在では、最高レベルの N1 を持っていても、日本行きの機会を得られるとは限りません。オフショア開発でリーダー業務を担う中国人にとって、N1は持っていて当たり前の要件に過ぎないからです。

これが、最新の中国オフショア開発の日本語事情です。


一方で、日本語力がやや劣るベトナムに目を向けると事情がやや異なります。また、一口にベトナムと言っても、二大都市のハノイ・ホーチミンとそれ以外の地方(例えばダナン)では、技術者の日本語事情は全く異なります。


■ 問いかけ

<問1>2015年現在、中国オフショア先で働く技術者、日本語 N1 相当であっても、なかなか日本行きは実現しません。一体なぜでしょうか。


<問2>N1相当の中国人技術者とベトナム人技術者とでは、日本語で業務遂行する能力に違いがあると思いますか?(Y/ N)

|

« 中国・ベトナム以外の選択肢 | Main | 政治と宗教の話はタブー? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 中国・ベトナム以外の選択肢 | Main | 政治と宗教の話はタブー? »