« 英訳/プロジェクトキックオフの打ち合わせ依頼 | Main | 英訳/削除できないようにする »

英訳/社内LAN接続するために環境構築手順

【問題】

あるシステム開発プロジェクトの総合試験に関する手順書が英語で書かれています。概要は次のとおりです。

まず、手持ちのノートPCを客先の社内LAN に接続します。次いで、本番サーバーの代替機にあるダミーデータを用いて試験します。

社内LAN には無線接続できます。もちろん、LANケーブルでも接続できます。


試験環境の構築に関して、以下の説明文がありました。手持ちのPCを社内LAN に接続する際の「注意事項(Note)」です。この英文をできるだけ詳しく和訳しなさい。

Note: Use an Ethernet cable to plug your PC into a LAN port for intranet communications.


ちなみに、以下の和訳は環境構築の手順説明としては不合格です。

お使いのPCを社内LAN用のLANポートに接続するため、イーサネットケーブルをお使いください


Hints: 不定冠詞 a/an が二箇所あるので、それぞれどう解釈するか。
Note: この問題は「理系のたまごシリーズ① はじめての理系英語リーディング」で紹介された英文を参考にしています。


■ 解答

×:お使いのPCを社内LAN用のLANポートに接続するため、イーサネットケーブルをお使いください


◎:無線LAN をお使いにならない場合は、イーサネットケーブル(LANケーブル)をご用意ください。そして、そのケーブルを利用して、お使いのPCを社内LAN 用の LANポートに差し込んでください。


自分で用意するケーブルは何でもいいので、不定冠詞を用いて an Ethernet cable と表現します。

定冠詞 the ではなく、不定冠詞 a/anを使うことで、「あるかもしれないし、ないかもしれない」という状態を表現します。

an Ethernet cable の真意は「ケーブルは何でもよい。手元にあればそれを使用し、なければ1本用意しなさい」です。


同様に、差し込む LANポートも普通はどこでもいいので、不定冠詞を用いて a LAN port と表現します。

a LAN port の a は、「普通は無線 LAN を使うだろうけど、あえて有線LANによる接続試験が必要かもしれない場合は」という隠れた意味を含みます。つまり、if のニュアンスを含みます。

.

かなりマニアックな英文問題ですね。

参考:佐藤洋一(2007)、理系のたまごシリーズ① はじめての理系英語リーディング、アルク

|

« 英訳/プロジェクトキックオフの打ち合わせ依頼 | Main | 英訳/削除できないようにする »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 英訳/プロジェクトキックオフの打ち合わせ依頼 | Main | 英訳/削除できないようにする »