« March 2016 | Main | May 2016 »

スクリーンショットの不正

オフショア開発などの分散型作業環境において、遠隔地間のコミュニケーション精度を高めるには、PC画面に表示された状態をそのまま画像として保存するスクリーンショットが欠かせません。

こうしたスクリーンショットは、試験結果を保証するエビデンスで重宝されます。オフショア大學でもスクリーンショットに加えて、 GUI 操作を映像データとして録画するエビデンス取得法を強く推奨しています。

ところが、ある非公式的なアンケート調査によると、試験結果のエビデンスとして取得された多くのスクリーンショット画像が後から捏造されている状況が浮かび上がってきました。


オフショア大學メールマガジンでは、スクリーンショットの捏造・改竄については初めて取り上げます。一方、テストデータの悪意ある操作については、過去に何度か取り上げました。


参考までに以下の過去記事をご覧ください。

最悪の事態に陥ってからようやく出張が認められる
テストや品質の意識乖離(過去記事リスト)

■ 問いかけ

<問1>オフショア委託先から提出された試験結果のエビデンスとなるスクリーンショットの信頼性について、あなたの考えに最も近い選択肢を1つ選びなさい。

・絶対にない
・あると思う/実際にあった
・分からない
・スクリーンショットはエビデンスとして採用されない

投票はこちらから(Twitterの標準機能を使ってみた)
https://twitter.com/ai_coach/status/722342475327602688


<問2>オフショア委託先で用いられたテストデータの信頼性について、あなたの考えに最も近い選択肢を1つ選びなさい。

・捏造・改竄は絶対にないと信じている
・わずかながら捏造・改竄のリスクはある
・恐らく、捏造・改竄されているだろう
・分からない

投票はこちらから(Twitterの標準機能を使ってみた)
https://twitter.com/ai_coach/status/722341653298565120

| | Comments (0)

元技能実習生は採用しない方針のBPO企業

オフショア大學では、技能実習制度の話題を扱ったことがありません。稀に飲み会で盛り上がることもありますが、オフショア推進部門の戦略系スタッフも基本的には技能実習生に興味を示しません。

なぜなら、オフショア開発業界では技能実習制度に頼る機会がないからです。

一方で、BPOと呼ばれる海外アウトソーシング業では、ときどき「技能実習生が夜逃げした!」などの噂話が流れます。表向きは、オフショア開発やITアウトソーシングを謳いながら、裏では技能実習生の仲介斡旋を生業とする業者はたくさんあります。


■ 問いかけ

中国大陸の某田舎でオフショア開発とBPOを営むある独立系ベンダーで聞いた話より。

この会社では、日本向けBPOのために常時、日本語人材を募集しています。大陸沿岸部の大都市とは異なり、この会社のある田舎では日本語人材は希少価値の高い即戦力人材だとみなされています。

この会社では、技術人材と日本語人材の仕事をうまく分離することで、従業員の高い離職率にも対応しています。

この会社が人材を募集すると、元技能実習生の日本語人材がときどき応募してきます。このような応募者は、かつて語学学校で日本語を学び、日本の職場で3年程度働いた経験を持っています。

ところが、この会社では、かつて日本で業務経験のある元技能実習生はあまり歓迎されません。


<問1>設問の中国BPO企業では、かつて日本で業務経験のある元技能実習生はあまり歓迎されません。一体なぜでしょうか?


<問2>中国のある田舎に進出した日系オフショア現地法人では、かつて日本で働いた経験のある元技能実習生を採用して、ブリッジSEとして育成したいと考えています。なぜなら、この会社では、技術と日本語業務を切り分けることができるからです。元技能実習生を採用して、ブリッジSEとして育成するリスクを分析しなさい。


問いかけの答はオフショア大學講座で発表します。公式メルマガでもHintsを紹介しています。

| | Comments (0)

正しく品質保証したつもりなのに衝突する恐れ

先日オフショア大學では、きちんと品質保証をやったことがない若手の技術者を対象に論理思考講座を実施しました。そこで出題された演習問題と質疑応答の様子を紹介します。


【演習】要求仕様「3,000円以上購入した顧客は送料無料」が実装されたソフトウェアの機能を検証するテスト項目を作成しなさい。(ただし異常系エラー処理のテストは無視してよい)


教科書的な答えは以下の通りです。


【解答】限界値分析による下記3項目を検証すればよい。

・2,999円の品物を購入した時、送料無料とならないことを確認
・3,000円の品物を購入した時、送料無料を確認
・3,001円の品物を購入した時、送料無料を確認


腕に覚えのある一部の技術者は、短時間のうちに上記のような解答を導き出しました。もちろん、これは実務者としては大正解です。

ところが、純粋な論理思考の観点だと、この解答は不十分と言わざるを得ません。なぜならば、次の素朴な疑問に論理的に解答できないからです。


素朴な疑問
「なぜ、3,002円以上の時も送料無料が100%保証されるのですか?」


意地悪なオフショア大學講師は、わざと慇懃無礼な態度で受講者に同じ質問を投げかけました。すると、勝ち気な性格の若者が即座に反論しました。


講師「例えば、なぜ 5,000円の時にも送料無料が保証されますか」
若者「はぁ? 5,000 は 3,001よりも大きいからですが、何か?」
(本人に悪気はないが、不躾な印象を与えてしまう発言)

講師「私は論理思考の観点で質問しています。なぜ、限界値分析による3項目のみの検証で、正数すべての場合でも正常動作すると保証されるのですか?」

若者「Integer型の最大値を考慮せよ? という意味ですか」
講師「違います」

講師「3項目しか検証していないのに、なぜ他のすべての場合も大丈夫だと結論づけたのですか? 演繹的な論理展開ですか? それとも帰納的な論理展開ですか?」

若者「・・・」
講師「・・・(ニヤ)」(じわじわとプレッシャーを強める)


■ 問いかけ

上記の事例を読んで、後の設問に答えなさい。

<問1>純粋な論理思考のクイズです。本文に登場する素朴な疑問に解答しなさい。

「なぜ、3,002円以上の時も送料無料が100%保証されるのですか?」


<問2>本文の演習問題は単純ですが、現実には「技術者にとっては簡単なのに、顧客にとっては理解困難」という状況が数多く存在します。以下の質疑応答は非技術者の顧客と若手プログラマとの間で交わされたと仮定します。このQ&Aのリスクを挙げなさい。

顧客「なぜ 5,000円の時にも送料無料が保証されるのですか?」
若手「はぁ? 5,000 は 3,001よりも大きいからですが、何か?」


問いかけの答はオフショア大學講座で発表します。公式メルマガでもHintsを紹介しています。

| | Comments (0)

カタカナ禁止の理由

オフショア大學受講者からの質問より。

オフショア大學では「カタカナ禁止」と指導していますが、一体なぜでしょうか。開発ドキュメントから全てのカタカナを削除することは非現実的だと思うのですが。


<回答>主な理由は5つあります。

・発音が違う

日本人と外国人では発音が違うため、カタカナ外来語から元の英語を想起しにくいから。例:プログラム(program)


・外国人はカタカナが苦手

そもそも日本語初学者にとってカタカナは苦手だから。同様に、ひらがなだけで表現される文章も日本語初学者には読解困難。


・略語が難しい

無意識のうちに略語が用いられるから。例:「プレゼン」


・日本語と英語は一対一対応しないので多義的になりがち

日本語と英語が一対一対応しないため、元の英単語とは異なる意味でカタカナ外来語が用いられることがある。そのため、多くのカタカナ外来語が多義的になりがち。例:ケース


・カタカナ連続語は難しい

普段使いなれないカタカナ外来語が複数連なると、その切れ目すら分からないから。例:フールプルーフ(Fool Proof)


■ 問いかけ

<問1>カタカナ外来語「プログラム(program)」のリスクを説明しなさい。


<問2>日本語の初学者は、カタカナやひらがなは苦手だと言われます。それぞれ事例を挙げて説明しなさい。


<問3>開発ドキュメントでよく用いられるカタカナ外来語の略語をたくさん挙げなさい。


<問4>カタカナ外来語「ケース」のリスクを説明しなさい。


<問5>カタカナ外来語「メーンルーチン(main routine)」のリスクを説明しなさい。

| | Comments (0)

« March 2016 | Main | May 2016 »