« May 2016 | Main | July 2016 »

「人海戦術」をどう伝える?

オフショア開発プロジェクトが遅れていたとします。あなたは上司から「あのプロジェクトはどうなっているんだ。先行きがとても不安だ。人海戦術でなんとかするよう、現地の開発チームに伝えるように」と指示されました

英語に翻訳して伝えるのが、あなたの仕事です。あなたなら、どう伝えますか?

そこであなたは、社内で抜群の英語力を持つと評判のスタッフに「人海戦術」をどう英訳すればいいか相談することにしました。


以下、英語に不安を覚えるあなた(初心者)と上級者の会話です。

初級者:人海戦術を英語でどう言いますか?

上級者:どういう場面で、人海戦術を使いたいのですか?

初級者:「遅れを人海戦術でなんとかしてほしい」という依頼です。

上級者:子供でもわかるようシンプルな日本語で書き換えると?

初級者:「設計が遅れてしまいましたが、たくさんのプログラマを追加投入して、絶対に期日に遅れないで欲しい」

上級者:本当に大事なことだけを表現するなら?

初級者:「増員してでも、納期を守って欲しい」

上級者:手段(増員)と結果(納期)、どちらがより大切ですか?

初級者:結果です。オフショア委託先に「納期を守って欲しい」と念を押したいのです

上級者:そうであれば、はじめから人海戦術の英訳に悩む必要はありません

初級者:納期はdeadlineなので、納期を守るとは(辞書を引く)

上級者:ちょっと待て。私なら納期=deadlineとは断定しません

初級者:えーー、英語上級者はどうするんですか?

上級者:私なら、まず文意が分かるキーワードを並べてネット検索します。例えば「納期 厳守 クレーム 取引先 英文メール」。

初級者:Goolge検索結果にたくさんの文例が表示されますが、どれを使っていいのかさっぱり分かりません

上級者:本来なら、ネットからお手本となる英文を拝借して書き換えたいところですが、今回は「納期=deadline」だと仮定して先に進みましょう

初級者:私のレベルにあわせていただき恐縮です。

上級者:では、deadline を使ってシンプルな英文を組み立ててみましょう。

初級者:これでどうでしょうか。

納期を守って欲しい
Please meet the deadline.

上級者:はい、学校英語ならこれで合格です。ただし、現実のビジネスでは、少し不躾な印象を与えてしまう恐れがあります。今はあえて無視しますが、後に英語の丁寧表現を学ぶので、そこでより丁寧な表現に書き換えましょう。

初級者:分かりました。

上級者:次に「人海戦術」という手段を追加しましょう

初心者:「もし必要なら、プログラマを増員させて」でどうですか

上級者:例えばこんな感じでいかがでしょうか。

Please meet the deadline.
If necessary, we'll find more staff for this.

初心者:これなら、英語が苦手な私でも理解できそうな気がします

上級者:私なら、上司からの指示をもっとシンプルな日本語に書き換えてから英訳するので、上記とは異なる英文になると思います。でも上記の英文でも、英語を母語としないアジアの技術者には十分通じると思います。ご安心ください。

■ 問いかけ

<問1>ときどき「人海戦術を英語ではどう言いますか?」と唐突に質問してくる人がいます。あなたなら、どう回答しますか

<問2>Please meet the deadline. は不躾な印象を与える恐れがあります。一体なぜでしょうか。

<問3>英語中級者が「来月までに仕上げて欲しい」を次のように英訳しました。この英文が抱えるリスクを分析しなさい。
Please get this project finished by next month.

| | Comments (0)

【英訳】仕様変更が目白押し、客とすり合わせすべき

日本の組織では、英語に直訳しにくい日本語表現が目白押しです。


<例1>上記の「目白押し」という表現

英語が苦手な日本人技術者は、つい自動翻訳を使っていきなり原文を英訳してしまう傾向があります。例えば、Google翻訳は、上記の文章をこう訳します。
In the Japanese organization, literal translation is difficult to Japanese expression in English is jostling.

残念ながら、原文を書いた本誌発行人ですら、上記英文の意味が理解できません。シンプルな英語を書くためには、自分が分からない単語や表現を使わないことが大原則です。


<例2>(仕様がなかなか決まらず焦る場面で)
お客様とすりあわせしましょう。
We need to sit down and talk with them about these issues.

一部の英語が得意な人は、上記のような「すりあわせ」に相当する慣用表現をさっと思いつくかもしれません。ですが、オフショア大學では、「すりあわせ」という日本語そのものを書き直すことを推奨します。


■ 問いかけ

<問1>自動翻訳でも扱いやすくなるように、以下の2つの日本語をそれぞれ書き直しなさい。

(a) 日本の組織では、英語に直訳しにくい日本語表現が目白押し
(b) お客様とすりあわせしましょう

<問2>以下の文章は誤解を招く恐れがあります。なぜでしょうか。

現法の外国人管理者にも予算を持たせてさらなる成長に期待したい

| | Comments (0)

質より量に着目したポジティブ・フィードバック

オフショア開発のコミュニケーション効率を高めるには「質より量」に着目した改善が効果的です。

最も簡単な方法は、ポジティブなフィードバックを増やすことです。フィードバックとはコーチング研修でもお馴染みの基本技法なので、経験豊富な技術者ならその意味を正しく理解していることでしょう。

ところが、ビジネス書に載っているコーチングのお手本を真似ても、オフショア開発でうまくいくとは限りません。

オフショア大學では、次の3つの原則に基づいてポジティブフィードバックするよう指導しています。問題指摘などネガティブな要素をフィードバックする場合は、他の原則を使います。


1.自分を主語にして伝える
2.主観的な意見や感想をポジティブに表現する
3.相手の言動に気づいている、理解していることを伝える

上記の三原則に基づいてフィードバックする際には、アメリカ人の著作物を直訳したような不自然な日本語を用いても構いません。むしろ、そのほうが流暢な日本語よりも好ましいでしょう。なぜなら、フィードバックする相手は、オフショア委託先の外国人なのですから。日本語が不得手な外国人が相手なら、ぜひ英語でのフィードバックにも挑戦してください。

1.自分を主語にして伝える(Iメッセージ)

私は 良かったと 思う あなたが したことは
I think it was good that you (did*).


2.主観的な意見や感想をポジティブに表現する

私は 感謝します あなたが してくれたことに
Thank you for ...


3.相手の言動に気づいている(**)、理解していることを伝える

私は 気づいている あなたが したことを
I noticed that you (did*).

毎日遅くまで 働いてくれましたね
I noticed that you have worked late every day.


注1:英語が得意な人は、上記例文の did(あなたがしたこと)の代わりに具体的な動詞を使うとよいでしょう。その方が、オフショア委託先の外国人の承認欲求が満たされます。

注2:「あなたに気づいている」を表現する I noticed は効果的な表現です。もしあなたが動詞 notice に馴染みばなければ、類義語辞典(シソーラス)を使って notice を代替できそうな英単語をいくつか覚えておくとよいでしょう。例えば、次の動詞は notice の類義語として扱われます。

acknowledge catch detect discern "look at" note recognize regard see spot

■ 問いかけ

<問1>上記の三原則を実践する際に注意すべき点、やってはいけないこととは何でしょうか。

<問2>次の2つのコメント(a)(b)は、オフショア大學が提唱するポジティブなフィードバックに該当しますか?(Y/N)

(a) あなたの提案のおかげで会議がうまく進みました
Because of your proposal, our meeting became very successful.

(b) 今後もぜひ、このような提案を続けていただければ幸いです
Please continue making good proposals like this for the future.

<問3>ポジティブなフィードバックはとても有効な技法です。ビジネス書に載っているコーチングのお手本を真似ても、オフショア開発でうまくいくとは限りません。なぜでしょうか?

| | Comments (0)

真面目で職人肌の技術者にありがちな日本人英語

オフショア委託先の成果物をレビューして外国人技術者にフィードバックする際には、細心の注意が必要です。

これまでは「日本語」でオフショア委託先と交流する機会が多かった日本人ですが、今後は英語を併用する機会が増えます。

レビュー等で厳しい姿勢で問題指摘する際、日本語と英語では次のような違いが生じます。

・日本語
→敬語を使って相手の面子を潰さぬよう配慮

・英語
→意図的に褒め言葉やポジティブ表現を使って相手の面子に配慮


実は、日本語として適切に敬語が用いられた正しい指摘であっても、オフショア委託先に正しく伝わるとは限りません。むしろ、下手な英語の方がオフショア委託先に正しく伝わることがあります。


<例>「オフショア側による報告書に問題あり」を指摘したい

・日本語
→先日ご提出いただいた報告書につきましては、◯◯の箇所が若干理解し難いとお客様から指摘されました。・・・

・英語(日本語訳)
→(急いで報告書を仕上げてくれてありがとう。全体の構成はよいですが、細部に改善の余地があります・・・)


以下、いささか極端な事例ではありますが、日本人英語にありがちな不適切表現とより好ましい表現を紹介します。


・真面目で職人肌の技術者にありがちな日本人英語:
Your report looks terrible.
(あなたの報告書はひどい)

・より好ましい表現:
Your report has some room for improvement.
(あなたの報告書には改善の余地がある)

参考:外国人部下と仕事をするためのビジネス英語

■ 問いかけ

<問1>上記の日本語による問題指摘のリスクを分析しなさい。

<問2>上記の日本語と英語(日本語訳)の違いを分析しなさい。

<問3>1つの問題を日本語と英語でそれぞれ指摘しようとする際、なぜ言語によって表現方法が異なるのでしょうか?

| | Comments (0)

ルワンダでオフショア開発をする理由

ネットで見つけた一風変わったオフショア事例を紹介します。アフリカ・ルワンダの話題です。

一人の優秀なルワンダと出会いました。個人的にはとても優秀だと感じました。ただし、他のルワンダ人技術者の力量やチームとして機能するかどうかは不明でした。

そこで、彼のマネジメントのもとで、ルワンダの独立系 ICT開発企業にスマートフォンアプリとバックエンドで動く一連のシステム開発を委託しました。20名規模の会社を使ってルワンダの実力を検証するためです。

検証の結果、ルワンダ人の技術力はしっかりしていることが判りました。マネジメントも及第点をつけました。人件費については、当初の期待を上回るようなメリットは感じられませんでした。

ルワンダとのやり取りはすべて英語です。

出所:Japan Business Press (2016年6月6日)、先駆者が語る、ルワンダでオフショア開発をする理由

■ 問いかけ

<問1>ルワンダへのオフショア開発に取り組む先駆者は、ありがたいことに人件費の削減効果を数値化しました。日本国内の人件費を100%としたとき、ルワンダやその他地域の人件費は何%くらいになると思いますか。答えを予想しなさい。

日本   100
中国    xx
ベトナム  xx
インド   xx
ルワンダ  xx

※答えは元記事で紹介されています。


<問2>ルワンダの開発生産性の目安を予想しなさい。

日本   100
中国    xx
ベトナム  xx
インド   xx
ルワンダ  xx


<問3>仕様に関してルワンダ側との認識にギャップがあった場合、どう対処したと思いますか?


<問4>元記事に登場する先駆者が感じるルワンダ活用の課題を予想しなさい。


<問5>ルワンダやアフリカについてあなたが知っている情報を、何でもいいので箇条書きしなさい。

| | Comments (0)

社運をかけたシステムなのに中国からデータ入力されない

ネットで見つけた興味深い中国ビジネス系の漫画を紹介します。

●中国から日本本社システムにアクセスできない!?

日本本社で2年の歳月をかけて CRMシステムを導入しました。肝入りのグローバルプロジェクトでしたが、稼動開始から半年たっても中国拠点からのデータ入力がほとんどありません。

現地に事情を問いただしたところ、『CRM 画面の表示が不安定なので、そのうち「データ入力しなくてもいい」と判断するようになった』と回答がありました。

ところが、日本本社の担当者はその回答が信じられません。

そこで、とある外部業者に問題の分析を依頼したところ、中国拠点からのデータ入力が滞る背景には、現地特有のIT課題があることが分かりました。

その課題とは・・・(答えは原文をご覧ください)

出所:中国ITにまつわる諸問題(IIJ) http://www.iij.ad.jp/global/challenge/chinait01.html


実は、上記のビジネス漫画は IIJ社の提案型営業コンテンツです。よって最後は単純なハッピーエンドを迎えます。とは言えさすがは漫画、視覚情報には多くの者を惹きつける魅力があります。

先に本誌による抜粋解説を読んで、次に引用元の漫画をご覧ください。文字のみの印象と漫画による視覚コンテンツの迫力の違いが実感できると思います。


オフショア大學でも、いつかは漫画を導入したいものです。


■ 問いかけ

<問1>肝入りでグローバルシステムを導入したのに、半年経っても中国拠点からのデータ入力が滞っています。その原因となる中国特有のIT課題を予想しなさい。


<問2>元の漫画では、中国特有のIT課題をどのように解決しようと試みるでしょうか。中国の通信事情を鑑みて、できるだけ具体的に解決策を予想しなさい。


<問3>たとえ、中国固有のIT課題(≒通信インフラ課題)が解決しても、現地スタッフにとって手間ばかり増える CRMデータの入力を促進するのは至難の業です。もし、あなたが中国拠点の統括責任者なら、現地のスタッフに快くデータ入力してもらうためにどう働きかけますか?

| | Comments (0)

« May 2016 | Main | July 2016 »