« もしおかしなところがあればご指摘ください、と仕様提示 | Main | ルワンダでオフショア開発をする理由 »

社運をかけたシステムなのに中国からデータ入力されない

ネットで見つけた興味深い中国ビジネス系の漫画を紹介します。

●中国から日本本社システムにアクセスできない!?

日本本社で2年の歳月をかけて CRMシステムを導入しました。肝入りのグローバルプロジェクトでしたが、稼動開始から半年たっても中国拠点からのデータ入力がほとんどありません。

現地に事情を問いただしたところ、『CRM 画面の表示が不安定なので、そのうち「データ入力しなくてもいい」と判断するようになった』と回答がありました。

ところが、日本本社の担当者はその回答が信じられません。

そこで、とある外部業者に問題の分析を依頼したところ、中国拠点からのデータ入力が滞る背景には、現地特有のIT課題があることが分かりました。

その課題とは・・・(答えは原文をご覧ください)

出所:中国ITにまつわる諸問題(IIJ) http://www.iij.ad.jp/global/challenge/chinait01.html


実は、上記のビジネス漫画は IIJ社の提案型営業コンテンツです。よって最後は単純なハッピーエンドを迎えます。とは言えさすがは漫画、視覚情報には多くの者を惹きつける魅力があります。

先に本誌による抜粋解説を読んで、次に引用元の漫画をご覧ください。文字のみの印象と漫画による視覚コンテンツの迫力の違いが実感できると思います。


オフショア大學でも、いつかは漫画を導入したいものです。


■ 問いかけ

<問1>肝入りでグローバルシステムを導入したのに、半年経っても中国拠点からのデータ入力が滞っています。その原因となる中国特有のIT課題を予想しなさい。


<問2>元の漫画では、中国特有のIT課題をどのように解決しようと試みるでしょうか。中国の通信事情を鑑みて、できるだけ具体的に解決策を予想しなさい。


<問3>たとえ、中国固有のIT課題(≒通信インフラ課題)が解決しても、現地スタッフにとって手間ばかり増える CRMデータの入力を促進するのは至難の業です。もし、あなたが中国拠点の統括責任者なら、現地のスタッフに快くデータ入力してもらうためにどう働きかけますか?

|

« もしおかしなところがあればご指摘ください、と仕様提示 | Main | ルワンダでオフショア開発をする理由 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« もしおかしなところがあればご指摘ください、と仕様提示 | Main | ルワンダでオフショア開発をする理由 »