« 社運をかけたシステムなのに中国からデータ入力されない | Main | 真面目で職人肌の技術者にありがちな日本人英語 »

ルワンダでオフショア開発をする理由

ネットで見つけた一風変わったオフショア事例を紹介します。アフリカ・ルワンダの話題です。

一人の優秀なルワンダと出会いました。個人的にはとても優秀だと感じました。ただし、他のルワンダ人技術者の力量やチームとして機能するかどうかは不明でした。

そこで、彼のマネジメントのもとで、ルワンダの独立系 ICT開発企業にスマートフォンアプリとバックエンドで動く一連のシステム開発を委託しました。20名規模の会社を使ってルワンダの実力を検証するためです。

検証の結果、ルワンダ人の技術力はしっかりしていることが判りました。マネジメントも及第点をつけました。人件費については、当初の期待を上回るようなメリットは感じられませんでした。

ルワンダとのやり取りはすべて英語です。

出所:Japan Business Press (2016年6月6日)、先駆者が語る、ルワンダでオフショア開発をする理由

■ 問いかけ

<問1>ルワンダへのオフショア開発に取り組む先駆者は、ありがたいことに人件費の削減効果を数値化しました。日本国内の人件費を100%としたとき、ルワンダやその他地域の人件費は何%くらいになると思いますか。答えを予想しなさい。

日本   100
中国    xx
ベトナム  xx
インド   xx
ルワンダ  xx

※答えは元記事で紹介されています。


<問2>ルワンダの開発生産性の目安を予想しなさい。

日本   100
中国    xx
ベトナム  xx
インド   xx
ルワンダ  xx


<問3>仕様に関してルワンダ側との認識にギャップがあった場合、どう対処したと思いますか?


<問4>元記事に登場する先駆者が感じるルワンダ活用の課題を予想しなさい。


<問5>ルワンダやアフリカについてあなたが知っている情報を、何でもいいので箇条書きしなさい。

|

« 社運をかけたシステムなのに中国からデータ入力されない | Main | 真面目で職人肌の技術者にありがちな日本人英語 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 社運をかけたシステムなのに中国からデータ入力されない | Main | 真面目で職人肌の技術者にありがちな日本人英語 »