« マレーシア国際カンファレンス概要(10/5) | Main | 海外在住の対日オフショア開発で働く技術者数は? »

75%がITサービス企業で働く実態を外国人にどう説明するか

来月(10/5)、マレーシアのペナン島で開催される国際カンファレンスで講演することになりました。そこで、日本市場に詳しくないマレーシア現地人に対して、次のような問いかけを投げかけるつもりです。

Itserviceprovidersvsclients

日本には約90万人のIT技術者がいます。うち75% は ITサービス企業で働いています。つまり、ユーザー企業で働いているIT技術者は 25% のみ。実は、米国ではこの比率がほぼ逆転します。

日本では多くのIT技術者がサービス企業で働いています。この事実は、過去の日本におけるオフショア開発/グローバルデリバリーにどう影響してきたと思いますか?

また、今後マレーシアIT企業が対日市場を攻略する際、どのように工夫すべきでしょうか。対米市場との違いを踏まえながら比較分析しなさい。

出典:経済産業省(2015)、IT人材を巡る現状について

■ 問いかけ

<問1>経済産業省は、日本のIT技術者のおよそ75% がITサービス企業で働いている事実をどう分析しているでしょうか。マクロ視点による役所のコメントを予想しなさい。

<問2>日本では多くのIT技術者がITサービス企業で働いています。この事実は、過去の日本におけるオフショア開発/グローバルデリバリーにどう影響してきたと思いますか?

<問3>今後マレーシアIT企業が対日市場を攻略する際、どのように工夫すべきでしょうか。対米市場との違いを踏まえながら比較分析しなさい。

*Hints: オフショア大學公式メールマガジンに詳細な補足説明が追記されています。


|

« マレーシア国際カンファレンス概要(10/5) | Main | 海外在住の対日オフショア開発で働く技術者数は? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マレーシア国際カンファレンス概要(10/5) | Main | 海外在住の対日オフショア開発で働く技術者数は? »