« 75%がITサービス企業で働く実態を外国人にどう説明するか | Main | マレーシアIT事情クイズ(1) »

海外在住の対日オフショア開発で働く技術者数は?

知っていると便利な豆知識を紹介します。

2017年現在、日本国内には90万人のIT技術者がいて、その数は緩やかながらも増え続けています[1]。

国内全体のITサービス市場も微増を続けていて、オフショア開発を含むグローバルアウトソーシング市場規模にいたっては年平均成長率3.6%で拡大し続けると見込まれます[2]。

ところが一方で、2020年までに「日本では30万人以上のIT技術者不足」に陥ると複数の調査機関が警鐘を鳴らしています[1][3]。そこで各社とも「生産性向上」「外部人材確保の強化」「人材供給源の多様化」といった対策を講じています[1]。

マクロ分析結果の詳細はオフショアPMO講座(2017年11月6日-7日)でも解説します。

Seminar_graph_1

Seminar_graph_2

Seminar_graph_3

※参考情報
[1] IPA(2017)、IT人材白書2017
[2] 矢野経済研究所(2016)、グローバルアウトソーシング市場に関する調査結果 2016
[3] Gartner Japan(2017), 2017年以降のIT人材に関する展望

■ 問いかけ

<問1>日本国内でオフショア開発に携わっているIT技術者数を予想しなさい。「かつて」ではなく、現在進行系でオフショア開発に携わっている人数です。

<問2>海外で対日オフショア開発に携わっているIT技術者数を予想しなさい。「かつて」ではなく、現在進行系で対日オフショア開発に携わっている人数です。

<問3>問2の答えを踏まえて、それぞれ国別の対日オフショア担当人数を予想しなさい。

*Hints: オフショア大學公式メールマガジンに詳細な補足説明が追記されています。

|

« 75%がITサービス企業で働く実態を外国人にどう説明するか | Main | マレーシアIT事情クイズ(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 75%がITサービス企業で働く実態を外国人にどう説明するか | Main | マレーシアIT事情クイズ(1) »