マレーシアIT事情クイズ(3)

先日、マレーシア・ペナンの政府系教育機関 JMTi (Japan - Malaysia Technical Institut) から公式な招待を受けて、日本のオフショアリング事情について講演しました。

マレーシアの人口は約3,000万人、規模感はベトナムのおよそ3分の1だと覚えておくとよいでしょう。

クアラルンプール 180万人
ペナン      160万人

ベトナム人口  9,300万人
ハノイ      760万人
ホーチミン    840万人
ダナン      135万人


人口規模は小さいものの、範囲を限定すればマレーシアも日本にとって有力なIT人材供給源になるとオフショア大學は分析します。

従来のチャイナプラスワン(China plus one)は、リスク分散の観点が強調されてきました。すなわち、カントリーリスクのある中国の代替地を開拓して、日本企業の中国依存度を下げることが主目的です。

よって、チャイナプラスワンは、オフショア開発の仕事を奪い合う「ゼロサム・ゲーム」となりがちです。実際、ベトナムと中国が互いに連携して、オフショア開発の付加価値を高めて日本企業に貢献した、という話はほとんど耳にしません。

その一方で、マレーシアの存在は、日本企業の「オフショア開発」をパイを奪い合うゼロサム・ゲームから、新たな付加価値を創造するプラスサム・ゲームに転換させる可能性を感じさせてくれます。

今日も、マレーシア国とペナンに関するクイズを出題します。

■ 問いかけ

<問1>18世紀後半、ペナンは英国に植民地化されていた時期があります。ここで、ペナンが香港と似たような境遇であったと仮定します。これは日本のオフショア開発にどう影響すると思いますか?

<問2>ペナンは、マレーシア有数の国際リゾート地としても有名です。同じような特徴を持つフィリピン・セブ島やベトナム・ダナンと比較して、オフショア受託地域としてのペナンの可能性を分析しなさい。

<問3>ペナンには意外にたくさんの外資系工場が存在します。なぜペナンは、多国籍企業の一大製造拠点として発展できたのでしょうか。その成功要因を分析しなさい。

*Hints: オフショア大學公式メールマガジンに詳細な補足説明が追記されています。

| | Comments (0)

マレーシアIT事情クイズ(2)

先週、マレーシア・ペナンの政府系教育機関 JMTi (Japan - Malaysia Technical Institut) で日本のオフショアリング事情について講演しました。

マレーシアの情報を調べると、すぐに「世界有数の親日国」という使い古された言い回しに気づきます。なのに、近年、日本ではマレーシアの暗いニュースばかりが報道されています。とても残念です。

・国民車メーカー・プロトンの迷走、中国企業傘下へ(2017)
・北朝鮮の要人暗殺事件(2017)
・高速鉄道 中国が入札(2016)
・首相の汚職疑惑(2016)
・マレーシア航空機墜落事故(2014)


私たちが訪問したペナンは、首都クアラルンプール(KL)に次ぐ主要都市の1つです。マレー半島の南部でシンガポールに近い KL に対して、ペナンはマレーシアの北部に位置します。そのため、ペナンは相対的にタイやインド、中東、そして、ヨーロッパの影響を強く受けやすい地理的条件を備えているといえます。

18世紀後半、ペナンは英国に植民地化されていた時期があります。さらに、ペナンは中華系の住民の割合が高いことでも知られています。

今日も、マレーシアとペナンに関するクイズを出題します。


■ 問いかけ

<問1>マレーシア全体と首都クアラルンプール、ペナン(州)の人口をそれぞれ答えなさい。

<問2>マレーシアは、日本にとって有力なIT人材供給源の1つになると思いますか? ベトナムやミャンマーの人口動態と比較して答えなさい。

<問3>ペナンで暮らす中華系住民の割合は 40%。マレー系住民 42% に次ぐ一大勢力です。この事実は、日本のオフショア開発にどう影響すると思いますか?
Photo


*Hints: オフショア大學公式メールマガジンに詳細な補足説明が追記されています。

| | Comments (0)

マレーシアIT事情クイズ(1)

先週、マレーシア・ペナンの政府系教育機関 JMTi (Japan - Malaysia Technical Institut) で日本のオフショアリング事情について講演しました。

まず、日本の高齢化と人手不足の話題を取り上げて、なぜITグローバル開発が日本企業の重要課題になりつつあるのかを歴史的観点から聴講者に理解していただきました。

次いで、IPA等の調査データを引用しつつ、要所でオフショア大學の独自見解を交えたところ、マクロ統計では発見できない知見が得られたと聴講者からの評判もまずまずでした。

私が紹介した内容は以下の通りです。

【データ系】
・日本国全体の人口動態
・日本国内のIT市場動向
・日本国内のオフショア市場動向
・オフショア主要国の人月単価
・日本IT技術者が所属する企業の内訳

【分析系】
・中国とベトナムの成功要因
・フィリピンとミャンマーの阻害要因
・日本独特の商習慣
・オフショア開発の戦略シフト
・マレーシアがやるべき3つのステップ

1

3

25

マレーシアの聴講者は、前半のIT産業動向について強い関心を示しました。ところが、意外にも人月単価に関してはほとんど関心を示しませんでした。

講演後の個別 Q&A では「どうやれば日本顧客と接触できるか?」「日本で需要の高い技術領域は?」などの質問が相次ぎました。

モーリシャスから参加したあるIT担当役人からは「ぜひモーリシャスにいらしてください、ホテルなどはこちらで手配しますから」と嬉しい社交辞令をいただきました。

■ 問いかけ

<問1>オフショア大學訪問団がマレーシア・ペナンを訪問した際、現地のIT技術者について最も驚いたことは何でしょうか? 一般論ではなく、オフショア大學訪問団の独断と偏見に基づく答えを予想しなさい。

(1) ほぼ全員が流暢な英語を話すこと
(2) 英語と中国語の両方を話す技術者が豊富にいること
(3) 英語がほとんど話せない技術者が2割程度いること
(4) C言語やCOBOLなどレガシー技術の教育が盛んなこど
(5) IT技術者の過半数が女性だったこと

<問2>オフショア大學訪問団がマレーシア・ペナンを訪問した際、いろいろな光景に出くわしました。以下のうち、「間違い」を1つ選びなさい。ただし一般論ではなく、オフショア大學訪問団の独断と偏見に基づく答えを予想しなさい。

(1) コーヒーを飲む現地メンバーが多かった
(2) 夜の会食なのに現地メンバーは全く酒を飲まなかった
(3) 出会った多く人が「日本人は礼儀正しい」と発言した
(4) 日常のお買い物の多くがスマホ電子決済に対応していた
(5) ペナンのマレー鉄道はほぼ時刻表通りに運行されていた

<問3>オフショア大學訪問団がマレーシア・ペナンを訪問した際、いろいろな英語を耳にしました。以下のうち、「間違い」を1つ選びなさい。ただし一般論ではなく、オフショア大學訪問団の独断と偏見に基づく答えを予想しなさい。

(1) それなりにきれいなイギリス英語の発音だった
(2) 女性の二人称を「He」と間違う(本来は She)
(3) マレー系なのに「オッケーら(OK了)」と言う
(4) 単語を繰り返す(can can can:できるできる)

*Hints: オフショア大學公式メールマガジンに詳細な補足説明が追記されています。

| | Comments (0)

海外在住の対日オフショア開発で働く技術者数は?

知っていると便利な豆知識を紹介します。

2017年現在、日本国内には90万人のIT技術者がいて、その数は緩やかながらも増え続けています[1]。

国内全体のITサービス市場も微増を続けていて、オフショア開発を含むグローバルアウトソーシング市場規模にいたっては年平均成長率3.6%で拡大し続けると見込まれます[2]。

ところが一方で、2020年までに「日本では30万人以上のIT技術者不足」に陥ると複数の調査機関が警鐘を鳴らしています[1][3]。そこで各社とも「生産性向上」「外部人材確保の強化」「人材供給源の多様化」といった対策を講じています[1]。

マクロ分析結果の詳細はオフショアPMO講座(2017年11月6日-7日)でも解説します。

Seminar_graph_1

Seminar_graph_2

Seminar_graph_3

※参考情報
[1] IPA(2017)、IT人材白書2017
[2] 矢野経済研究所(2016)、グローバルアウトソーシング市場に関する調査結果 2016
[3] Gartner Japan(2017), 2017年以降のIT人材に関する展望

■ 問いかけ

<問1>日本国内でオフショア開発に携わっているIT技術者数を予想しなさい。「かつて」ではなく、現在進行系でオフショア開発に携わっている人数です。

<問2>海外で対日オフショア開発に携わっているIT技術者数を予想しなさい。「かつて」ではなく、現在進行系で対日オフショア開発に携わっている人数です。

<問3>問2の答えを踏まえて、それぞれ国別の対日オフショア担当人数を予想しなさい。

*Hints: オフショア大學公式メールマガジンに詳細な補足説明が追記されています。

| | Comments (0)

75%がITサービス企業で働く実態を外国人にどう説明するか

来月(10/5)、マレーシアのペナン島で開催される国際カンファレンスで講演することになりました。そこで、日本市場に詳しくないマレーシア現地人に対して、次のような問いかけを投げかけるつもりです。

Itserviceprovidersvsclients

日本には約90万人のIT技術者がいます。うち75% は ITサービス企業で働いています。つまり、ユーザー企業で働いているIT技術者は 25% のみ。実は、米国ではこの比率がほぼ逆転します。

日本では多くのIT技術者がサービス企業で働いています。この事実は、過去の日本におけるオフショア開発/グローバルデリバリーにどう影響してきたと思いますか?

また、今後マレーシアIT企業が対日市場を攻略する際、どのように工夫すべきでしょうか。対米市場との違いを踏まえながら比較分析しなさい。

出典:経済産業省(2015)、IT人材を巡る現状について

■ 問いかけ

<問1>経済産業省は、日本のIT技術者のおよそ75% がITサービス企業で働いている事実をどう分析しているでしょうか。マクロ視点による役所のコメントを予想しなさい。

<問2>日本では多くのIT技術者がITサービス企業で働いています。この事実は、過去の日本におけるオフショア開発/グローバルデリバリーにどう影響してきたと思いますか?

<問3>今後マレーシアIT企業が対日市場を攻略する際、どのように工夫すべきでしょうか。対米市場との違いを踏まえながら比較分析しなさい。

*Hints: オフショア大學公式メールマガジンに詳細な補足説明が追記されています。


| | Comments (0)

マレーシア国際カンファレンス概要(10/5)

私は、来月(10/5)、マレーシアのペナン島で開催される国際カンファレンスで講演することになりました。

全体テーマは "Trends & Changes Towards Industry 4.0"、主催は日本マレーシア技術学院(JMTI)です。JMTiは1997年に設立された政府系の職業訓練校で、現地では国内トップ校の扱いです。

このカンファレンスには、地元関係者だけではなく、東南アジア諸国からも10名ほどが参加する見込みです(カンボジア、フィリピン、ベトナム、バングラディッシュ、スリランカ、モーリシャス、モルディブ)。いずれも各国の政府機関に所属する技術系キーパーソンとのこと。当日の式次第は以下のとおりです。


1. 基調講演

University Malaysia of Computer Science & Engineering
副学長 Prof. Dr. Khairuddin bin Abd hamid


2. 講演(1)

組込みシステム技術のイノベーション
Innovation with Embedded System Technology
JICA, 藤森


3. 講演(2)

日本のオフショアリング市場の最新動向
An overview of Japanese offshore outsourcing trend
オフショア大學, 幸地


4. 講演(3)

Realisation Through Innovation
CIM, En. Mohamad Najmuddin bin Abd Rahman


5. 講演(4)

マレーシアにおける知的財産権と工業デザイン保護の重要性
Importance of Intellectual Property and Industrial Design Protection in Malaysia
Malaysian Intellectual Property Academy
Mr. Redzuan bin Al

            ※

私の講演では、日本のオフショア開発の最新動向を紹介します。そのため、インターネットで公開されている情報を調べ直しています。そこで、今日もみなさんといくつか情報共有したいと思います。


[1] 国内BPOサービス市場予測、2017年~2021年(IDC)

現場の本音では「国内BPOは逆風」が定説です。一方、信頼できるマクロ統計として知られる調査会社によると、国内BPOサービス市場は依然として好調に推移すると予測されています。

・2016年 市場規模 前年比4.9%増 7,017億円
・2016年~2021年 年間平均成長率 3.7%
・2021年 市場規模 8,427億円


[2] Worldwide Offshore IT Services Forecast, 2017-2021 (IDC)

調査会社IDCが販売する「オフショアITサービス」の近況と将来予測を把握するためのレポートです。無料公開資料では日本市場を個別に把握することはできませんが、世界のトレンドを知ることはできます。社内ポータルサイトから閲覧できる企業があるので、興味があれば探してみてください。


[3] オフショアリング、スキル偏向型技術変化、労働需要(RIETI)

技術変化によって低スキル労働者の雇用が減る一方で、高スキル労働者の雇用を増やす効果があることが確認されました。換言すれば、世の中には「オフショアされやすい作業」というものがあり、それは、非熟練者でも担当できる作業がであることが改めて確認されました。

ただし、この調査はソフトウェア分野に限らず多くの産業を対象とします。現場で活躍するPM/PMOにとっては、あまり役立つ情報ではありません。

■ 問いかけ

<問1>他のアジア地域と同様にマレーシア現地人も高いプライドを持ちます。その特徴を他国と比較しながら簡潔に述べなさい。

<問2>過去数年間、世間を賑わしたマレーシア関連ニュースを思い出しなさい。

<問3>マレーシアは、今後コールセンター産業の誘致に力を注ぐべきだと思いますか?(Y/N)

*Hints: オフショア大學公式メールマガジンに詳細な補足説明が追記されています。

| | Comments (0)

IT人材が30万人以上不足、どう対策する?

来月(10/5)、マレーシアのペナン島で開催される国際カンファレンスで講演することになりました。

全体テーマは "Trends & Changes Towards Industry 4.0"です。私の講演では、軽く日本のオフショア開発の最新動向を紹介します。そのため、インターネットで公開されている情報を調べ直しています。

前回に引き続き、今日もそれらの一部を紹介します。


[1] 2017年以降のIT人材に関する展望(ガートナー)

調査会社ガートナーは、2020年末までに日本のIT人材が30万人以上も不足するだろうと指摘しました。さらに、2020年までに

・日本IT部門の10%が、人の代わりにAIやロボットを採用する
・オフショアリング実施部門の50%が人材確保を主目的とする

詳細な調査結果は有料契約するクライアントのみが閲覧できます。社内ポータルサイトから閲覧できる企業も少なくないので、興味があれば探してみてください。


[2] グローバルアウトソーシング市場に関する調査結果 2016(矢野経済研究所)

やや古い調査ですが、いくつかある信頼できる日本向けオフショアサービス市場規模予測の中で、これが最新データだと思いますです。

・2014年度から2019年度まで年平均 3.6% 成長
・2014年 $1,409 million → 1,550億円
・2017年 $1,561 million → 1,720億円 予測
・2019年 $1,678 million → 1,850億円 予測
※1ドル=110円で換算


[3] ITアウトソーシングサービス市場調査 2016年(矢野経済研究所)

・2019年度の市場規模 3兆9,985億円 予測
・2014年度から2019年度まで年平均 0.8% 成長

同じ調査機関による[2]の結果と併せて理解すると、オフショアアウトソーシング市場規模は市場全体のわずか 5% と見込まれます。ただし、これは金額ベースでの比較です。工数ベースの考察ではないのでご注意ください。


[4] 国内BPOサービス市場予測、2017年~2021年(IDC)

信頼できるマクロ統計として知られる調査会社によると、国内BPOサービス市場は依然として好調に推移すると予測されています。一方、現場の本音は「国内BPOは逆風」が定説なので、こうした数値をどう読み取るのかが分析者の腕の見せ所です。

・2016年 市場規模 前年比4.9%増 7,017億円
・2016年~2021年 年間平均成長率 3.7%
・2021年 市場規模 8,427億円


■ 問いかけ

<問1>ガートナーによると、2020年末までに日本のIT人材が30万人以上も不足します。日本のIT企業では、人材不足を改善するためにどのような施策をとると思われますか? IT人材白書2017を参照しながら予想しなさい。

<問2>あなたは、日本市場に強い関心を寄せるマレーシアIT企業の幹部から「日本の主なオフショア委託先(国)はどこか?」と質問されました。ただし、十分に調べる時間がないと仮定します。あなたなら、どう即答しますか? 

<問3>あなたは、日本市場に強い関心を寄せるマレーシアIT企業の幹部から「どうやれば、マレーシアIT企業が日本向けオフショア開発事業を成功させられますか?」と質問されました。あなたなら、どう即答しますか? 

*Hints: オフショア大學公式メールマガジンに詳細な補足説明が追記されています。

| | Comments (0)

外国籍IT人材の活用状況 (2017)

来月(10/5)、マレーシアの政府系教育機関でオフショア大學が講演することになりました。講演者は、当グログの管理人(幸地司・オフショア大學代表)です。

講演ではオフショア開発の最新動向を軽く紹介します。そこで、インターネットで公開されている情報を調べなおすことにしました。今日はその一部を紹介します。

情報源:IT人材白書2017(独立行政法人情報処理推進機構)

IPAから毎年発刊されるIT人材白書は、オフショア開発の最新動向を知る最良の資料です。2017年度版は今年4月に公開されました。

実は、IT人材白書で言及される「オフショア開発」関連情報は年々減少しています。2017年度版では「オフショア開発」に関する記載が9箇所、見つかりました。それらは以下の3分野に集約されます。

1. 外国籍IT人材の採用割合
2. IT人材不足改善の取り組みのうち、効果があったもの
3. 外国籍IT人材の採用の目的


IT人材白書は無料配布される公開情報なので、興味ある方はご一読ください。

■ 問いかけ

<問1>外国籍IT人材の採用割合が高い会社の特徴は何でしょうか。次の4つの選択肢から、IT人材白書2017が示唆する答えを1つ選びなさい。

・メーカーのソフトウェア子会社
・世の中の大きな変化の中にいると感じている会社
・地方都市でニアショア開発を多く受託している会社
・2次請け、3次請けが多いシステムインテグレーター


<問2>IT企業の人材不足改善の取り組みのうち、効果があった施策として「オフショア・ニアショア」と回答した会社の割合を予想しなさい。

5.4%
11.3%
18.9%
28.0%


<問3>外国籍IT人材の採用の目的を調べたところ、以下の4項目が上位を占めました。それらを支持率(回答割合)の高い順に並べ替えなさい。

・IT人材の多様化のため
・技術力が高い人材の確保
・IT人材の不足を補うため
・自社事業のグローバル化の対応のため


<問4>外国籍IT人材の採用の目的を調べたところ、「オフショア開発への対応等」が最大の目的だと回答した割合を予想しなさい。

6.8%
11.6%
24.3%
32.9%

*Hints: オフショア大學公式メールマガジンに詳細な補足説明が追記されています。

| | Comments (0)

オフショア開発はプロジェクトマネージャー個人評価に悪影響?

最近、読んだ論文より。

これまで世界中でオフショア開発の品質・生産性に関する考察がなされてきました。ほとんどの調査で、オンサイト開発と比べてオフショア開発の生産性は悪くなる傾向があることを示しています。

ただし、プロジェクトマネージャー個人の貢献や評価に着目した研究は、これまでほとんどなされていません。

そこで、欧州の複数の会社に協力を仰いで、オフショア開発を担当したプロジェクトマネージャーのパフォーマンスや評判について調査しました。プロジェクトマネージャー個人のパフォーマンスや評判は、360度フィードバック方式で評価アセスメントしました。

その結果、従来の文献調査と全く同じように「オフショア開発の生産性および品質」は悪くなる傾向を示しました。そして、残念ながら、オフショア開発を担当したプロジェクトマネージャーは、個人パフォーマンスが低下することが確認されました。


参考:Project managers in global software development teams: a study of the effects on productivity and performance (2014)

■ 問いかけ

<問1>「オフショア開発」に相当する英語は複数あります。オフショア (offshore)を使わない表現をたくさん挙げなさい。

<問2>当該調査が指摘するオフショア開発のパフォーマンスに強く影響を与える3つの要因を予想しなさい。

<問3>オフショア開発のプロジェクトマネージャーを360度フィードバック方式で評価アセスメントしました。もっとも、厳しい評価を与えたのは誰だと思いますか? 選択肢から1つ選びなさい。
(a) 上司 (supervisor)
(b) 同僚 (peer)
(c) チームメンバー(team members working on the projects)
(d) 顧客 (local customer)


*Hints: オフショア大學公式メールマガジンに詳細な補足説明が追記されています。

| | Comments (0)

日本企業の組織構造が理解できない欧米人

オフショア大學への相談より。

私は大企業の系列会社で働くSEマネージャーです。最近、親会社が欧米のベンチャー企業を買収して、そこのソフトウェア製品を日本市場に投入することになりました。

私は子会社の人間ですが、親会社の事業企画チームに混じって獲得したソフトウェア製品のビジネス展開を検討するメンバーに選抜されました。このような人員配置は、当社グループでは日常茶飯事です。


先日、買収先の欧米人スタッフと協議を始めた途端、早速コミュニケーションの齟齬が頻発しました。例えば、初顔合わせで名刺交換した途端、彼らは表情を変えずに質問をまくし立てました。

「なぜ、この協議の場に事業部アライアンス担当がいるのか?」
「そもそも、本社事業企画と事業部アライアンスと調達部門は何が違うのか?」
「なぜ、子会社のSEマネージャーが事業企画チームにいるのか?」


これもよくある話ですが、初顔合わせの場に日本側から10名の参加者があった一方、欧米側からはたった2名のみでした。きっと、彼らは「なぜ、日本側は10名もこの会議に参加させたのだろう?」と訝しがっていたことでしょう。さすがに、彼らもそこまでは面と向かって指摘することはありませんでしたが。

買収先は、技術力に定評のある自信満々のエンジニア集団です。おそらく、今後も当社の社風にあわせようとする気はさらさらないと思われます。

私は子会社のSEマネージャーに過ぎませんが、せっかく買収したこの製品を活かして日本でのビジネス展開を成功させたいと願っています。

まずは、どうやって買収先の欧米人スタッフと信頼関係を築けばよいでしょうか。


■ 問いかけ

<問1>買収先の欧米人スタッフは、日本側との初顔合わせでいきなり参加者の「所属」について質問をまくし立てました。これは国民文化の違いが原因だと思いますか?(Y/N) 答えの理由も述べなさい。

<問2>買収先の欧米人スタッフは、日本側との初顔合わせという大切な場にたった二人だけで乗り込んできました。いったい、なぜでしょうか?

<問3>大した権限はないけど、心からビジネス成功を願う相談者に何かよい助言を与えなさい。

*Hints: オフショア大學公式メールマガジンに詳細な補足説明が追記されています。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧